えんのちあき「役小明」



漫画『鬼神童子ZENKI』の
ヒロインである祓い師
役小明
えんのちあき(答)
43%

役小明
えんのちあき

役小明とは、「鬼神童子ZENKI」のキャラクター。

CV:横山智佐

史上最強の呪術者である役小角の後継者。未熟ではあるが、何事にも負けない芯の強さを持っている。破邪の力「金剛角」を取り込んで、自身の「小角の力」を覚醒させてから徐々に強くなっていった。
引用元:役小明 (えんのちあき)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E5%BD%B9%E5%B0%8F%E6%98%8E

『鬼神童子ZENKI』(きしんどうじゼンキ)は谷菊秀原作、黒岩よしひろ作画の漫画作品。1992年12月号から1996年9月増刊号まで「月刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された。また連載に先駆けて同誌1992年8月号に発表された、設定が異なるパイロット版の読切作品(後述)が存在する。1995年にはテレビアニメ化された。

ストーリー
最強の呪術者「役小角」(えんのおづぬ)の血を引く祓い師「役小明」(えんのちあき)は、いつか小角が使役した最強の鬼神「前鬼」を呼び覚ますことを夢見ながら引退した祖母「役小鬼」(えんのさき)に代わって神社「役呪法堂」(えんのじゅほうどう)を切り盛りしていた。
引用元:鬼神童子ZENKI – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E7%A5%9E%E7%AB%A5%E5%AD%90ZENKI

役 小角(えん の おづの /おづぬ /おつの、舒明天皇6年(634年)伝 – 大宝元年6月7日(701年7月16日)伝)は、飛鳥時代から奈良時代の呪術者である。姓は君。 修験道の開祖とされている。 実在の人物だが、伝えられる人物像は後世の伝説によるところが大きい。天河大弁財天社や大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場に、役行者を開祖としていたり、修行の地としたという伝承がある。
引用元:役小角 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E5%B0%8F%E8%A7%92