『ヘラクレス』挿入歌「恋してるなんて言えない」「ゼロ・トゥ・ヒーロー」


恋してるなんて言えない
最後の夢
ゴー・ザ・ディスタンス
ゼロ・トゥ・ヒーロー
『美女と野獣』
『ヘラクレス』(答)
『おしゃれキャット』
『リトル・マーメイド』
52%


愛の芽生え
夜襲の歌
強いぞ、ガストン
人間に戻りたい
『美女と野獣』(答)

連想
パート・オブ・ユア・ワールド
哀れな人々
キス・ザ・ガール
アンダー・ザ・シー
『リトル・マーメイド』(答)

連想
愛を感じて
準備をしておけ
サークル・オブ・ライフ
ハクナ・マタタ
『ライオン・キング』(答)

連想
絶えまないリズムのように
心の耳で聞いてごらん
マイン・マイン・マイン
カラー・オブ・ザ・ウィンド
『ポカホンタス』(答)

連想
天使が僕に
僕の願い
奇跡の法廷
サムデイ
『ノートルダムの鐘』(答)

連想
ヒギタス・フィギタス
ブルー・オーク・ツリー
マッド・マダム・ミム
ザ・ソード・イン・ザ・ストーン
『王様の剣』(答)

連想
右から2番目の星
リーダーにつづけ
ワニをひやかすな
きみもとべるよ!
『ピーターパン』(答)

099XoQMDqC
ウォルト・ディズニー社に
務めている時にミッキーマウス
をデザインした人物は?
・ブーアワクスアイ
アブ・アイワークス(答)
Ub lwerks
引用元:「アブ・アイワークス」ミッキーマウスを生み出したデザイナー http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/26891/

CIMG8763QcRhicFhGivl
CIMG8764XzfNhPcRFKsu
ユーゴーの小説
『レ・ミゼラブル』の
主人公はジャン・バルジャン
ですが

『ノートルダム・ド・パリ』
の主人公である、醜い外見をもつ
男の名前はは◯◯◯◯?
◯を答えなさい
カジモド(答)

引用元:『夢やぶれて -I DERAMED A DREAM-』ミュージカル『レ・ミゼラブル』劇中歌 『レ・ミゼラブル』「ジャン・バルジャン」「ミリエル司教」娘「コゼット」「ジャヴェール」警部「シャルル」 『ノートルダム・ド・パリ』カジモド http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/21218/

『ヘラクレス』(Hercules)は、1997年に上映されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。

>ギリシャ神話を元に作られているがストーリーはオリジナルと言っても過言ではないものであり、賛否両論を呼んだ。ミュージカル要素が大きく出ている。
主人公の吹き替えの声は松岡昌宏が務めたが、ディズニー長編アニメーション映画としては、日本語吹き替えの主演声優で初めてジャニーズ事務所の所属アイドルが起用された作品である。

>主題歌・挿入歌[編集]
「Go The Distance」マイケル・ボルトン(日本語吹替版では藤井フミヤがカバー)
「Zero To Hero」
「恋してるなんて言えない(I Won’t Say I’m In Love)」(日本語吹替版ではメガラ役の工藤静香がカバー)
「A Star Is Born」
「ゴスペル・トゥルース」
「最後の夢」
引用元:ヘラクレス (1997年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9_(1997%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast )は、フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。続編に「美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント」、「美女と野獣 ベルのファンタジーワールド」がある。

>挿入歌[編集]
「朝の風景」(歌:伊東恵里、松本宰二)
「強いぞ、ガストン」(歌:中丸新将、松本宰二)
「ひとりぼっちの晩餐会」(歌:若江準威知、ポプラ)
「愛の芽生え」(歌:伊東恵里、山寺宏一、若江準威知、ポプラ、熊倉一雄)
「人間に戻りたい」(歌:ポプラ、白石圭美、若江準威知、熊倉一雄)
「美女と野獣」(歌:ポプラ)
「夜襲の歌」(歌:松本宰二)
引用元:美女と野獣 (1991年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E3%81%A8%E9%87%8E%E7%8D%A3_(1991%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

『リトル・マーメイド』(原題:The Little Mermaid)は、1989年11月17日に公開されたディズニー映画。日本での公開日は1990年7月21日。
2008年には舞台化され、ブロードウェイにてミュージカルが上演、その後ヨーロッパ各国でも上演され、日本でも劇団四季により2013年から上演されている。

>原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』。ディズニー最後の劇場版セルアニメーション作品である。
ウォルト・ディズニーは戦前『人魚姫』に興味を持ち、1940年代の第二次世界大戦中から、この作品をアニメ化する構想を練っていた。ディズニー映画の第二黄金期の原点といわれている作品でもある。童話を原作とする作品としては、1959年公開(日本では1960年公開)の『眠れる森の美女』以来、約30年振りである。

主題歌・挿入歌[編集]
これらの主題歌は1997年再公開版以降では、邦訳が変更されている。
「パート・オブ・ユア・ワールド」 (Part of Your World)
歌: ジョディ・ベンソン
アリエルが宝物を隠している洞窟の中で、まだ知らぬ陸の世界への憧れを歌う曲。歌の中で「Part of that world」という部分があるが、この後にアリエルがエリックを助けた時に歌われたとき(リプライズ)は、「Part of your world」である。(1回目の「パート・オブ・ユア・ワールド」ではまだエリックと出会っておらず、「your(あなたの)」の「あなた」がいないため、「that(あの)」となる。) 2006年、今井美樹がカバー(カバー曲は、「スペシャルエディション」で聴くことが出来る)。
「アンダー・ザ・シー」  (Under the Sea)
歌: サミュエル・E・ライト
陸の世界に憧れるアリエルの気持ちを逸らすため、海の世界の素晴らしさを、セバスチャンが歌い上げた曲。アカデミー歌曲賞受賞。
「哀れな人々」  (Poor Unfortunate Souls)
歌: パット・キャロル
アリエルを誑かす為に、アースラが歌う曲。
「キス・ザ・ガール」  (Kiss the Girl)
歌: サミュエル・E・ライト
人間になったアリエルとエリックのキスを、セバスチャンや淡水の仲間達(カエル、フラミンゴ、カメなど)が促す歌。
引用元:リトル・マーメイド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89

『ライオン・キング』(The Lion King)は、1994年6月24日に全米で公開されたディズニーによる長編アニメーション映画。
32番目のディズニーアニメーション作品。
続編に『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』(The Lion King II:Simba’s Pride, 1998年)、『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』(The Lion King 1½, 2004年)、『ライオン・ガード』(The Lion Guard)がある。
公開を待たずに事故死(1994年4月3日)したディズニー社長(当時)で七大陸最高峰登頂を果たした冒険家のフランク・ウェルズに捧げるとするメッセージで(スペシャル・エディションは『ダイナソー』と同じオレンジ色のシンデレラ城のロゴで)物語が始まる。

>挿入歌[ソースを編集]
“Circle of Life” (サークル・オブ・ライフ)
冒頭の歌詞はズールー語。
“Morning Report” (朝の報告)
オリジナル版の映画にはなく、ブロードウェイ・ミュージカルのために作られ、2003年にホーム・ビデオ用に再リリースされたスペシャル・エディションで追加された。なお、収録時には映画の公開から数年が経っていたため、当時幼年期のシンバを演じていたキャストは既に声変わりしており、このシーンのみ代役が立てられた(続編の『ライオン・キング3/ハクナ・マタタ』も同様)。
“I Just Can’t Wait to Be King” (早く王様になりたい)
“Be Prepared” (準備をしておけ)
“Hakuna Matata” (ハクナ・マタタ)
“The Lion Sleeps Tonight” (ライオンは寝ている) この歌は映画オリジナルの歌ではない。(参考:「ライオンは寝ている」)
“Can You Feel the Love Tonight?” (愛を感じて)
「サークル・オブ・ライフ」、「ハクナ・マタタ」、「愛を感じて」の三曲は1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされ、「愛を感じて」が受賞した。
引用元:ライオン・キング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

『ポカホンタス』(原題:Pocahontas)は、ディズニーのアニメ映画の33番目の作品。1994年4月15日にウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション(Walt Disney Feature Animation)により製作、1995年6月23日より、ブエナ・ビスタ・ピクチャーズによってアメリカ合衆国の一部の映画館で『ウォレスとグルミット』の短編映画『A Close Shave』との2本立てという形で上映開始された。

>ソングリスト[編集]
ヴァージニア・カンパニー
嵐の航海
ヴァージニア・カンパニー(リプライズ)
絶えまないリズムのように(インディアン・テーマ)
絶えまないリズムのように(リプライズ)
川の向こうで
グランドマザー・ウイロー
心の耳で聞いてごらん1
マイン,マイン,マイン
心の耳で聞いてごらん2
カラー・オブ・ザ・ウィンド
引用元:ポカホンタス (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%AB%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B9_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

『ノートルダムの鐘』(ノートルダムのかね、原題: The Hunchback of Notre Dame)は、1996年公開のディズニーの長編アニメーション映画である。

>主題歌・挿入歌[編集]
「ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)」:オープニングテーマ
「僕の願い(Out There)」
「トプシー・ターヴィー(Topsy Turvy)」
「ゴッド・ヘルプ(God Help The Outcasts)」
「天使が僕に/罪の炎(Heaven’s Light/Hellfire)」
「ガイ・ライク・ユー(A Guy Like You)」
「ノートルダムの鐘(リプライズ)(The Bells of Notre Dame-Reprise)」
「奇跡の法廷(The Court of Miracles)」
「サムデイ(Someday)」:エンディングテーマ
引用元:ノートルダムの鐘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%AE%E9%90%98

『王様の剣』(おうさまのつるぎ、原題:The Sword in the Stone)は、1963年12月25日に公開されたウォルト・ディズニー・プロダクション制作のアニメ映画作品。原作はアーサー王の少年時代を描いたT・H・ホワイトの小説『永遠の王(The Once and Future King)』の第1部「石に刺さった剣」。日本での公開は1964年7月18日。公開当初の邦題は「王さまの剣」であった。ウォルトが最後に公開を見届けた長編アニメ映画である。

>主題歌[編集]
使用箇所 曲名 作詞作曲 歌手
オープニングテーマ 王様の剣
The Sword in the Stone ロバート・シャーマン
リチャード・シャーマン フレッド・ダリアン
挿入歌 ヒギタス・フィギタス
Higitus Figitus カール・スウェンソン
ア・モウスト・ビフデフデゥリング・シング
A Most Befuddling Thing
ザッツ・ホワット・メイクス・ザ・ワールド・ゴー・アラウンド
That’s What Makes the World Go Round カール・スウェンソン
リッキー・ソレンセン
マッド・マダム・ミム
Mad Madam Mim マーサ・ウェントワース
エンディングテーマ ブルー・オーク・ツリー
Blue Oak Tree セバスチャン・キャボット
アラン・ネイピア
引用元:王様の剣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%A7%98%E3%81%AE%E5%89%A3

『ピーター・パン』(Peter Pan)は、1953年2月5日にアメリカ合衆国で公開されたディズニーの長編アニメーション作品である。日本での公開は1955年、日本語版による初公開は1963年。1984年には新吹き込みによる新しい日本語版で公開された。

使用箇所 曲名 作詞 作曲 翻訳詞 歌手
オープニングテーマ 右から2番目の星
The Second Star to the Right サミー・カーン サミー・フェイン 海野洋司 ザ・ジャド・コンロン・コーラス
挿入歌 きみもとべるよ!
You Can Fly! ザ・ジャド・コンロン・コーラス
ボビー・ドリスコール
キャサリン・ボーモント
ポール・コリンズ
トミー・ラスク
海賊ぐらし
A Pirate’s Life アードマン・ペナー オリヴァー・ウォーレス ザ・ジャド・コンロン・コーラス
リーダーにつづけ
Following the Leader テッド・シアーズ
ウィンストン・ヒブラー ポール・コリンズ
トミー・ラスク
ロバート・エリス
スタフィー・シンガー
ジョニー・マクガヴァン
ジェフリー・シルヴァー
なんでインディアンの顔は赤い
What Made the Red Man Red? サミー・カーン サミー・フェイン ザ・ジャド・コンロン・コーラス
キャンディ・キャンディード
あなたと私のママ
Your Mother and Mine キャサリン・ボーモント
フック船長はエレガント
The Elegant Captain Hook ザ・ジャド・コンロン・コーラス
ビル・トンプソン
ワニをひやかすな
Never Smile at a Crocodile ジャック・ローレンス フランク・チャーチル
引用元:ピーター・パン (1953年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%B3_(1953%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)