【偽装PR】



次の漫画『バクマン。』内で
亜城木夢叶が描いた漫画を
「週刊少年ジャンプ」に
連載された順に選びなさい
『疑探偵TRAP』
『走れ!大発タント』
『PCP~完全犯罪党~』
『REVERSI』
33%

ゴロ「疑走(偽装)PR」みたいな感じで。
または、最後の『REVERSI』以外は文字数順。

003VIqqioO
2010年に「週刊少年ジャンプ」
に実際に掲載された
漫画『バクマン。』の劇中に
登場する漫画は?
『True human』
『ラッコ11号』(答)
『CROW』
『KIYOSHI騎士』
引用元:『ラッコ11号』 『バクマン。』劇中劇が実際にジャンプに掲載 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/23719/


漫画『バクマン。』で、高木秋人
とコンビを組んで活躍します
真城最高
ましろもりたか(答)

並べ替え
漫画『バクマン。』で真城最高と高木秋人の2人が漫画家として用いるペンネームは?
亜城木夢叶(答)
あしろぎむと

文字パネル
漫画『バクマン。』で「福田組」のメンバーとして主人公たちと切磋琢磨する大学院生の美人女性漫画家は?
蒼樹紅(答)
あおきこう

『バクマン。』は、原作・大場つぐみ、作画・小畑健による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年37・38合併号から2012年21・22合併号まで連載された。単行本は全20巻。その内容から様々な世代に支持された。

疑探偵TRAP(ぎたんていトラップ)
初連載作品。2011年13号(2月21日発売)から2012年1月23日発売号まで連載、ただし2011年32号から44号までは休載。
「バトル物に代わる新たな王道ジャンル」として連載化を前提に描いた探偵漫画で、2人の5番目の作品。第6回『WJ』金未来杯エントリー作品で2010年39号(8月23日発売)に2番手で掲載。アンケート順位は3位で、得票数は1321票、支持率は76%。得票数に関してはエントリーされた4作品中1位。第6回金未来杯同率1位受賞作品。担当編集は読切版が服部哲、連載時が港浦吾郎。
サイコーが小学生時代に描いた「サギ師探偵ヒカケ」を下敷きにしたキャラ設定と、もともと推理小説のファンであるシュージンのアイデアの下に生まれた。詐欺師で探偵の主人公が変装などのトリックを駆使し、犯人を罠にはめて捕らえるヒーローという設定。ヒロインのアミは、亜豆がモデルになっている。

走れ!大発タント
2番目の連載作品。2013年12号(2月25日発売)から31号(7月1日発売)まで連載。コミックスは全3巻[9]。担当編集は港浦。
『WJ』で低年齢層向けの連載を狙って試すために描いたギャグ漫画で、2人の9番目の作品。『赤マルジャンプ』にて巻頭カラーで掲載された。アンケート順位は1位だったが、2位の「True human」と大した票差はなかった。直後の連載会議では連載は見送られたが、その次の会議で連載が決定し、「+NATURAL」の次の号から連載することになる。
主人公の大発タント(ダイハツ・タント)はいつもマフラーをしている小学5年の男の子で、その祖父である発明家の大発明人(だいはつ めいじん)が、自分が発明した発明品でタントのクラスの女性担任の豊田ノア(トヨタ・ノア)を巻き込むストーリー。

PCP -完全犯罪党-
3番目の連載作品。2014年15号(2月17日発売)より連載中。小学生編の担当編集は服部、中学生編の担当編集は中野。
服部のアドバイスをもとにサイコーとシュージンが手掛けた2人の12番目の作品。PCPは「Perfect Crime Party」の略。初期タイトルは「完全犯罪クラブ」で、同名の映画があるため改称された。話数の単位は「CRIME ○」。
服部を一日尾行した経験からシュージンが考え出した作品であり、ほんの些細でバカらしいイタズラや人助けなどの作戦を、「完全犯罪」と称して誰にも気付かれずに実行する小学生を主人公としている。「邪道」の作品でありながら、服部が示唆する「シリアスな笑い」も取り入れている。主人公は道本真(どうもと まこと)と徳長実(とくなが みのる)の二人で、二人の名前を合わせると道徳と真実となる。

REVERSI(リバーシ)
4番目の連載作品。2017年31号から2018年31号まで連載。全49話。コミックスは全6巻。
2人の13番目の作品。ストーリーは邪道ながら、ダークヒーローを登場させることで王道らしさを取り入れたバトルマンガとなっている。正式タイトルは「R」が鏡文字となっている。
主人公は黒悪魔(シュバルツ)・白悪魔(ヴァイセ)のそれぞれから「洗脳」の力をもらった2人の少年。人間を滅ぼし世の中を変えようという目的は同じだが、人間を洗脳し操ろうとする黒悪魔と、「余計な事をしなくても人間は勝手に滅びる」と考える白悪魔との対決を描く。主人公は黒悪魔が憑いている少年相葉サトル(あいば サトル)、ヒロインは水鳥菜保(みなどり なほ)、ライバルキャラは白悪魔が憑いている少年二ノ宮ソラ(にのみや ソラ)。
引用元:バクマン。 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%82