本須和秀樹『ちょびッツ』


アニメ『ちょびッツ』で
「ちぃ」を拾った主人公は?
須和秀樹本
本須和秀樹(答)
50%

本須和秀樹
もとすわひでき

「ちょびっツ」の主人公で、大学受験に失敗した北海道出身の浪人生。

>CV:杉田智和
大学受験に失敗した北海道出身の浪人生。上京して予備校に通う事になるが、ある日ゴミ捨て場に捨てられていたパソコン・ちぃを拾う。パソコン音痴で知識もほとんどない。当初はエロサイトを見るためにパソコンを欲しがっていたが、ちぃに対しては家電製品として割り切ることができず、人間に接するかのように誠実に接する。万が一ちぃが故障した場合に対処できないと困ることに気がつき、パソコンのことをもっと知る必要性を感じ始め、ちぃの素性を知りたいと思うようになる。
引用元:本須和秀樹 (もとすわひでき)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E6%9C%AC%E9%A0%88%E5%92%8C%E7%A7%80%E6%A8%B9

『ちょびっツ』は、CLAMPによる日本の漫画およびアニメ作品。漫画版は2000年9月から2002年10月まで『週刊ヤングマガジン』にて連載された。テレビアニメは2002年4月から同年9月まで TBS系列にて放送された、その後パイオニアLDCよりDVDが発売された。

>本須和秀樹(もとすわ ひでき)
声 – 杉田智和
身長185cm。9月3日生まれ[6]。
主人公。大学受験に失敗した北海道出身の浪人生。上京して、親からの仕送りもなくバイトで生計を立てている。予備校に通う事になるが、ある日ゴミ捨て場に捨てられていたパソコン・ちぃを拾う。パソコン音痴で知識もほとんどない。当初はエロサイトを見るためにパソコンを欲しがっていたが[7]、ちぃに対しては家電製品として割り切ることができず、人間に接するかのように誠実に接する。万が一ちぃが故障した場合に対処できないと困ることに気がつき、パソコンのことをもっと知る必要性を感じ始め[3]、ちぃの素性を知りたいと思うようになる[4]。

>ちぃ
声 – 田中理恵
身長152cm[14]。4月13日生まれ(製作日)。
ヒロイン。なぜかゴミ捨て場に捨てられていたかわいいパソコン。スペックは高いらしいのだが何のソフトもインストールされておらず何もできない。初めは「ちぃ」しか喋れなかったため[15]、秀樹から「ちぃ」と命名された[16]。ちぃ自身も「秀樹がつけてくれた」とこの名前を気に入っている[17]。何も一般常識を知らず無垢な言動で周囲を困らせることもあるが、素直なよい子で[18]、学習ソフトは正常に機能していることから次第に言葉や知識を覚えていく[19]。
製造元は不明だが強固なプロテクトがかけられており[20]、OSの種類[注 1]やスペックを調べることもできない[23]。その素性や能力には大きな秘密を抱えており、物語の進行によって徐々に明かされていく。

引用元:ちょびっツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%83%84