ヘンク・B・ロジャース『ブラック・オニキス』ザ・テトリス・カンパニー


『テトリス』の版権管理会社の
経営も行っているゲーム作家で
日本初のRPG『ザ・ブラック
オニキス』の作者でもあるのは?
ヘンク・ブラウアー・ロジャース(答)
シド・マイヤー
ハンス・ヤンセン
アレクセイ・パジトノフ
29%

ヘンク・ブラウアー・ロジャース(Henk B.Rogers、1953年 – 男性)はインドネシア系オランダ人のゲームクリエイター、企業家、リニューアブルエネルギーの活動家で、米国法人株式会社ブループラネットソフトウェア社の代表取締役を務め、テトリスカンパニー等複数の会社を経営。日本のゲーム業界に多大な影響を与えた、事実上の日本初のファンタジーコンピュータRPGである、ザ・ブラックオニキス、およびその続編であるザ・ファイアクリスタルの作者。


1989年にはゲームボーイ版『テトリス』(任天堂)の権利を取得する為、ソビエト連邦へと渡る。その後、1995年にロジャースはハワイ州のホノルル市を本拠地にブループラネットソフトウェアを設立、1996年にテトリスの制作者アレクセイ・パジトノフと共にテトリス・ホールディングおよびザ・テトリス・カンパニーを設立し、世界中のテトリスの著作権とライセンスを管理している。
引用元:ヘンク・ブラウアー・ロジャース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B9

アレクセイ・レオニードヴィチ・パジトノフ(Алексей Леонидович Пажитнов、Alexey Leonidovich Pajitnov または Aleksei Leonidovich Pazhitnov、1956年3月14日 – )は、ロシア生まれでアメリカ在住のコンピュータ技術者。
ソビエト連邦のR&Dセンターであるソビエト社会主義共和国連邦科学アカデミーのコンピュータ部門で働いていた時、『テトリス』を開発した。
引用元:アレクセイ・パジトノフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%95