ソニック・ザ・ヘッジホッグは泳げない


セガのキャラクター
ソニック・ザ・ヘッジホッグは
泳ぐことが出来ない
◯(答)
61%

ソニック・ザ・ヘッジホッグ(英: Sonic the Hedgehog)は、セガグループ(セガゲームス、セガ・インタラクティブ)のビデオゲームに登場するキャラクター、およびマスコットキャラクターの一人である。名前の前に「セガ – (SEGA – )」を付けた名称でも呼称される。スピンオフ作品である漫画やアニメーションにも登場している。

>姿は、青いハリネズミ(英語でヘッジホッグ)を擬人化したもので、生みの親はキャラクターデザイナーの大島直人、ゲームデザイナーの安原弘和、プログラマーの中裕司である[1]。特技は音速より速く走れることで[2]、この能力は彼の登場するゲーム上では重要な部分を占め、[3]また、彼そのものを指す大きな特徴でもある。
任天堂の象徴的キャラクターであるマリオに対抗しうるセガのマスコットキャラクターとして生み出された[4]。以降、ソニックはマリオらのように世界で最も知られたビデオゲーム・キャラクターの一人となり、彼の名前を冠したゲームは2011年4月までに全世界で7000万本以上を売り上げている[5]。

>1998年5月31日には、日本の第1号の立体商標として登録されている[7]。

>嫌いなもの:退屈、水
彼は鈍重さや悲哀を好まないが、本当に嫌っているのは自由への抑圧である。多くのファンはソニックが水に沈んだり、ソニックXにおいて溺れかけたことから彼が水を嫌っていると考えるが、彼はまたゲームにおいて水を基本とした多くのステージを踏破しているのも事実である。

>弱点[編集]
ソニックは充分なスピードがあれば水面を飛び越えることができるが、泳ぐことはできない[2]。初期のゲームではソニックは水中である程度の時間息を止めることができた(途中で空気を補給すれば時間は延長される)が、3Dゲームでは基本的に水面下は底なし穴であるため即死である。ただし『ソニックアドベンチャーDX』の「ロストワールド」ステージは水面下でも呼吸できる。『ソニック カラーズ』では手足を動かすのではなく、無制限に行える多段ジャンプという形で水中での移動を行う。漫画『ソニック・ザ・コミック』ではソニックが泳げないことは彼の大きな弱点として扱われ、アニメ『ソニックX』および『ソニック・アンダーグラウンド』ではソニックのかなづちとして言及されたが、『ソニックX』の第9話ではソニックが溺れるエミーを潜って救助する場面がある。また、『ソニックアドベンチャー2』でソニックが「自分が思うように走れない狭い場所などが苦手」だということが判明している。

引用元:ソニック・ザ・ヘッジホッグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B0