ヤックデカルチャー


アニメ『超時空要塞マクロス』で
マクロその敵種族ゼントラーディ
が驚いたときに言う言葉は?
カャルチクヤーデッ
ヤックデカルチャー(答)
70%

ゼントラーディは、テレビアニメ『超時空要塞マクロス』およびその続編「マクロスシリーズ」に登場する架空の巨人型異星人。
劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』では設定が変更され、ゼントラーディは男性の巨人族を指す呼称となっている。詳細はメルトランディの項を参照。

言語[編集]
プロトカルチャー言語から発展した独自の言語体系を使用しているようだが、TV版では演出上の都合もあり、最初から完全な翻訳機をゼントラーディ側が所有していた(それでも作中には、ゼントラン語が度々登場している。特に、第一次星間大戦後の地球で、ゼントラーディ人がゼントラン語を使うシーンが複数存在している)。そもそも軍事行動以外の習慣のないゼントラーディ人の使用言語は、地球人類のそれと比較すると非常に語彙のバリエーションが少ない。この傾向は劇場版において更に強調され、より未知の好戦的な異星人としての印象を強めている。当初は独特のゼントラン語を使用しており(PS2版ゲームソフトでは、TV版ストーリーモードにおいても劇場版同様の演出方針が採られている)、「デ・カルチャー(意訳:そんな馬鹿な)」などが有名である。
引用元:ゼントラーディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3

ヤックデカルチャーとは、ゼントラーディ語で「なんと恐ろしい・・・」「信じられない・・・」とかそんな意味である。

概要
ヤックは「なんと」、デカルチャーは「恐ろしい」「信じられない」という意味。
引用元:ヤックデカルチャーとは (ヤックデカルチャーとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC