「トロパイオンの塔」トロフィー


漫画『エア・ギア』で
ストームライダーたちが
めざす伝説の塔は
「◯◯◯◯◯◯の塔」?
イロオンパト
トロパイオン(答)
「トロパイオンの塔」
34%

『エア・ギア』 (Air Gear) は、大暮維人による日本の漫画。また、これを原作としたテレビ東京系列6局で2006年4月より放送されたテレビアニメ作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2002年49号から2012年25号まで連載された。35巻まで発刊された2012年3月時点で単行本は累計1600万部を突破。エンブレムデザイン協力は町田形。話数の単位は「Trick-」。エアギア第30-32巻限定版にはOVA『黒の羽と眠りの森-Break on the sky-』を収録。

ストーリー[編集]
東中最強のベビー・フェイスこと「南一樹(イッキ)」は、モーター内蔵の特殊なシューズ「エア・トレック」を装着して町を暴走する「暴風族(ストーム・ライダー)」に襲われ、無残な敗北を喫する。そんな時イッキは居候先の幼馴染「野山野林檎(リンゴ)」ら三姉妹から、エア・トレックを託される。リンゴ達の正体は、伝説の暴風族「眠りの森(スリーピング・フォレスト)」だった。
エア・トレックによって自分を傷つけた暴風族にリベンジしたイッキは数々の暴風族と戦い、「トロパイオンの塔」の頂に立ち、世界に1つしかない特別なエア・トレックもしくはその部品である「玉璽(レガリア)」を使いこなす8人の「王」と8本の「道」の頂点である「空の王」の候補と目され、イッキの憧れの女ライダー「シムカ」に見初められながらも、自分だけの「道」を走ろうとする。
引用元:エア・ギア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%82%A2

トロパイオン
トロパイオン
tropaion; trophy

古代ギリシアで戦勝を記念して戦場に建てられた記念碑。本来は敵を敗走させたトロパイオン神に,その場で敵の武具ひとそろいを奉納する宗教的慣習であり,前6世紀からペルシア戦争の時期にかけて盛んに行われるようになった。
引用元:トロパイオン(トロパイオン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3-106967

A tropaion (Greek: τρόπαιον, Latin: tropaeum), whence English “trophy” is derived, is an ancient Greek and later Roman monument set up to commemorate a victory over one’s foes. Typically this takes the shape of a tree, sometimes with a pair of arm-like branches (or, in later times, a pair of stakes set crosswise) upon which is hung the armour of a defeated and dead foe. The tropaion is then dedicated to a god in thanksgiving for the victory.
引用元:Tropaion – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Tropaion