ビルトラプター


ゲーム『スーパーロボット大戦
OG』にシリーズに登場するメカ
ビルトラプター(答)
19%

パーソナルトルーパー(英語: Personal Trooper)[1]は、テレビゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』に登場する、本ゲームで独自に設定されたリアルロボット、スーパーロボット型軍用ロボットの架空の兵種呼称の一部。略称はPT。

>ビルトラプター[編集]
【Wild Raubtier = 独語で「野生の猛禽」「野生の小型肉食恐竜」】

マオ社が開発した初の可変型PT。従来のPTが対空戦闘能力の低い点を補うために開発された機体で、大気圏内で飛行可能なフライヤー・モード(以下FM)への変形機構を持つ。FM時に主翼となる背部大型バーニアスラスターにより、PT形態においても高いジャンプ能力やホバリング能力、滑空能力を得ている。当初タイプLおよびタイプRの2機が製造される予定であったが、タイプLは変形機構の問題が解決しない状態でのテスト中に大破。修理の際に組み上げ途中であったタイプRのパーツを使用したため、タイプRは登録を抹消されている。その後タイプLはSRX計画に回され、各部の改修を受けてハガネ隊で運用された。変形機構のノウハウ等、本機のデータはR-1の開発に生かされている。修復時には頭部にR-1用高性能センサーのプロトタイプが搭載されたほか、腕部と腰部にセンサーが増設されている。
引用元:パーソナルトルーパー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC


引用元:ビルトラプター (びるとらぷたー)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC