『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』『鏡は横にひびわれて』


次のアガサ・クリスティの小説を
発表された順に選びなさい
『スタイルズ荘の怪事件』1920
『アクロイド殺し』1926
『オリエント急行殺人事件』1934
『ABC殺人事件』1936
『そして誰もいなくなった』1939
『ホロー荘の殺人』1946
『鏡は横にひびわれて』1962
『カーテン』1975
55%


1978年公開の映画『ルパン三世
ルパンVS複製人間』と
同時上映された映画は?
『ナイル殺人事件』(答)
『Mr.Boo!ギャンブル大将』
『すかんぴんウォーク』
『ションベン・ライダー』


次の推理小説で活躍する
探偵役のうち、ミステリー作家の
アガサ・クリスティが生んだ
ものを全て選びなさい
パーカー・パイン
ブラウン神父───G・K・チェスタートン
ミス・マープル(答)
ハーレ・クィン(答)
エルキュール・ポアロ(答)
バトル警視(答)
アントニー・ギリンガム───A・A・ミルン
メグレ警部───ジョルジュ・シムノン
フレンチ警部───F・W・クロフツ
オーギュスト・デュパン───エドガー・アラン・ポー
ファイロ・ヴァンス───S・S・ヴァン=ダイン
サム・スペード───ダシール・ハメット
アンリ・バンコラン───ジョン・ディクスン・カー
シャーロック・ホームズ───アーサー・コナン・ドイル


次のうち探偵エルキュール・ポワロが登場するアガサ・クリスティの小説を全て選びなさい
◯『スタイルズ荘の怪事件』
◯『アクロイド殺し』
◯『カーテン』
◯『ABC殺人事件』
◯『オリエント急行殺人事件』
×『スリーピング・マーダー』
×『鏡は横にひび割れて』
×『カリブ海の秘宝』
×『ポケットにライ麦を』
×『チムニーズ館の秘密』
×『検察側の証人』
×『秘密機関』

一問多答
次のうち探偵ミス・マープルが登場するアガサ・クリスティの小説を全て選びなさい
◯『牧師館の殺人』
◯『復讐の女神』
◯『スリーピング・マーダー』
◯『鏡は横にひび割れて』
◯『ポケットにライ麦を』
◯『カリブ海の秘密』
×『秘密機関』
×『七つの時計』
×『ゼロ時間へ』
×『検察側の証人』
×『ひらいたトランプ』

023ixektjohlbo
家庭や近所で起こる身近な
事件を扱った、過激な場面が
少ないミステリ小説を特に
「◯◯◯◯・ミステリ」という?
ージワモコ
クノユアル
コージー(答)
「コージー・ミステリ」
引用元:「コージー・ミステリ」cozy「居心地が良い」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/30719/

アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie, DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年9月15日 – 1976年1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である。発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長。メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説が6作品ある。日本語表記は「クリスティ」「クリスティー」がある[1]。
引用元:アガサ・クリスティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3

アガサ・クリスティの著作一覧(-ちょさくいちらん)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティの著作物に関する一覧である。
日本語題は原則として「クリスティー文庫」(早川書房)での表記。
引用元:アガサ・クリスティの著作一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%AE%E8%91%97%E4%BD%9C%E4%B8%80%E8%A6%A7

『ナイル殺人事件』(ナイルさつじんじけん、原題:Death on the Nile)は、1978年のイギリス映画。原作はアガサ・クリスティの『エルキュール・ポアロ』シリーズの一作『ナイルに死す』。
第51回アカデミー賞において衣裳デザイン賞(アンソニー・パウエル)を受賞した。
引用元:ナイル殺人事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

本作は「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」という制作趣旨が明示されており、当時放送中だったTV第2シリーズの広い年齢層向け作風とは異なり、『ルパン三世 ・TV第1シリーズ』(以下、『TV第1シリーズ』)初期の作風に近づけるという意向が明言されていた。東宝宣伝部によると本作は『007シリーズ』のアニメ版という位置付けとし、ポスターと本編にヌードや性的表現を登場させるなど、ターゲットとする観客層は大人を想定していた。地方での同時上映作品はアガサ・クリスティ原作、ジョン・ギラーミン監督の『ナイル殺人事件』という大人向けの作品であり、こちらがメインであった。ところが、いざ公開が始まると事前の予想とは異なり、実際の観客層は『TV第2シリーズ』を視聴中の中高生が中心だった。そのため、10億円の配給収入を上げて次回作(『ルパン三世 カリオストロの城』)の製作が決定すると、ターゲットとする観客層は15~16歳中心に改められた[2]。
引用元:ルパン三世 ルパンVS複製人間 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E4%B8%89%E4%B8%96_%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3VS%E8%A4%87%E8%A3%BD%E4%BA%BA%E9%96%93