『ダンスインザヴァンパイアバンド』bund埠頭


次の文字列を順に選んで
ヴァンパイアの女王・ミナと
人狼少年・アキラの恋を描いた
環望の漫画のタイトルにしなさい
ダンス
イン ザ
ヴァンパイア
バンド
『ダンスインザヴァンパイアバンド』
62%

『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』 (Dance In The Vampire Bund) は、環望による日本の漫画作品。『月刊コミックフラッパー』において2006年1月号より2012年10月号まで連載。 本項では続編の『スカーレットオーダー』、および外伝の『ダイブ イン ザ ヴァンパイアバンド』『スレッジハマーの追憶』についても併せて記述する。

東京湾沖の架空の人工都市ヴァンパイアバンドを舞台に、ヴァンパイアの女王ミナ・ツェペッシュとその従僕である人狼の少年、アキラの恋と戦いを描くアクション作品。ヴァンパイアが国民に秘密裏に日本政府から埋め立て地を買い取り、王国を建設するという基本設定に加え[1]、血を吸うことを拒む「牙なし」が登場するなど、既存の吸血鬼の概念に新たな解釈を加えたヴァンパイア像が話題となった。また作者の環望が成人向け漫画で執筆していたということもあり、独特のタナトスとエロスに彩られた作品観が描かれている。サブタイトルは吸血鬼や人狼が登場する作品名(『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』、『悪徳学園』など)がオマージュとして用いられることが多い。
この作品におけるバンド (bund) とは、19世紀後半から20世紀前半にかけ上海に存在した租界地区、いわゆる外灘 (ワイタン、ピンイン:Wàitān、がいたん)を指すとみられる。本来「bund」は築堤・埠頭を意味するインド起源の英単語であるが、かつての大英帝国植民地の多くが海沿いに存在したことから、租界地区そのものを「bund」と呼ぶこともあった。なお外灘 とは「外国人の河岸」を意味する。
引用元:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9_%E3%82%A4%E3%83%B3_%E3%82%B6_%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89

アニメ化が発表され、続報への期待が膨らむ『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』。
まだ詳細の見えないTVアニメ版について、原作者の環望氏にその魅力、見どころをうかがった。
――アニメ化が決定したときの率直なご感想はいかがでしたか?
「デビュー20年目にしてやっと!」という感じですね(笑)。
――アニメの監督は新房監督ですが、これを聞いたときはどう感じましたか?
実は僕、新房監督の大ファンだったのでかなり驚きました(笑)。新房監督は、アクションシーンのカッコいい作品を昔作ってらっしゃったんで、あんな風にしてくれたらなぁと思います。例えば『新・破裏拳ポリマー』OVA版とか、『The Soul Taker』とかですね。僕が個人的に一番好きなのは『てなもんやボイジャーズ』っていうめちゃめちゃなギャグアニメなんですけどね(笑)。
――原作と異なるシーンも存在するのでしょうか?
アニメスタッフの方々がアニメ用に原作とは異なるアプローチをなさってます。それを説得力を持って描いて下さっているので非常に満足しています。原作ファンも含めてみなさん納得してくれるんじゃないでしょうか。また、これに関しては今後スタッフの方々が、さらにどう変えてくるのかな、という期待もありますね。
――スタッフの方とのコミュニケーションは積極的に行っているのですか?
いつも打ち合わせに出させていただいていますが、その後に飲み会があるんで、仲良くならざるを得ないんですよ。でもこれが本当に面白いんです。なので皆、仕事は早くやるんですよね。「飲む時間なくなっちゃうでしょ!」って(笑)。
――先生の思うアニメの見どころは?
一番の見どころはやっぱりミナ姫ですね。ミナ姫っていうのは、一つの国を動かしている老獪な支配者であると同時に少女の一面も持っています。ですからミナ姫を気に入っていただければ、恐ろしい部分と可愛らしい部分のギャップを楽しめると思います。ときどき予想外の行動をするキャラクターなので、アキラ君と一緒にドキドキして下さい(笑)。
引用元:ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド | コミックス情報 | コミックフラッパー http://www.comic-flapper.com/comics/comics_pickup007_2.html

bund
【名】
堤防、埠頭、築堤、海岸通り
発音bʌ́nd
引用元:bundの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=bund