『銭ゲバ』『海人ゴンズイ』『ラブリン・モンロー』


次のジョージ秋山の漫画を
連載開始が早い順に
選びなさい
『パットマンX』
『銭ゲバ』
『浮浪雲』
『海人ゴンズイ』
『ラブリン・モンロー』
『教祖タカハシ』
『WHO are YOU』
33%

ジョージ 秋山(ジョージ あきやま、1943年4月27日 – )は、日本の漫画家。本名は「秋山 勇二(あきやま ゆうじ)」。

代表作
『パットマンX』
『銭ゲバ』
『アシュラ』
『浮浪雲』

これが成功して翌年に連載を依頼された『パットマンX』がヒットして、1968年の講談社児童まんが賞を受賞[1]。ギャグ漫画で成功したことから、『ざんこくベビー』『コンピューたん』『ほらふきドンドン』『デロリンマン』などペーソスあふれるギャグを得意としたギャグ漫画家であった[1][3]。
1970年になって、3月から週刊少年サンデー(小学館)に『銭ゲバ』を、8月から週刊少年マガジン(講談社)に『アシュラ』をそれぞれ発表し、それまでの作風からは想像もつかない露悪的ともいえる描写で人間の善悪やモラルを問い、世間の注目を浴びた。『アシュラ』第1話には飢餓から人肉を食べ、我が子までをも食べようとする女の描写がある。これを掲載した1970年8月2日号の『週刊少年マガジン』は一部地域で有害図書指定され、作者秋山にも取材が殺到し、一躍時の人になる[3][4]。

>1973年からは『ビッグコミックオリジナル』(小学館)に現在まで続く『浮浪雲』の連載を開始。同作品は幅広い支持を得る大ヒット作となり、1977年度の花園大学の入試問題にも使われた。
引用元:ジョージ秋山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%A7%8B%E5%B1%B1


銭ゲバ(上)
電子書籍
ジョージ秋山 / 著 
貧乏だった蒲郡風太郎はいつも馬鹿にされ、病弱だった母親は医者に見捨てられ死んでしまう。少年時代に金の絶対的な力を見せつけられた風太郎は、金のためなら手段を選ばない大人になっていく。そんな彼を人々は「銭ゲバ」と呼んで軽蔑したが、風太郎の金儲け道は止まることを知らなかった……。七○年に発表された衝撃の問題作、ついに復刊!!
引用元:銭ゲバ(上) | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b6217.html


●あらすじ/「3年経ったら迎えに来る」と言い残し、京へ発った男を信じて待つ遊女。約束当日に現われた男には追っ手が……。けなげな遊女のために浮浪雲が一肌脱ぐ!(第1話)。
引用元:浮浪雲 1 | 小学館 https://www.shogakukan.co.jp/books/09180051


「アチョプ! マウマウ!」400万部達成直前の1984年、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、全国の少年読者に計り知れないトラウマを与えながらワンクールのみで消えた怪作、まさかの復刊!!◎監修、巻末ジョージ秋山インタビュー&解説:大西祥平◎単行本未収録作品「ドハツテンツク」(96P)併録
引用元:海人ゴンズイ|ジョージ秋山|青林工藝舎単行本 http://www.seirinkogeisha.com/book/290-0.html