『凪のあすから』


海底の村に住む4人の少年少女
の姿を描いた、2013年10月より
放送のTVアニメは?
凪からのらあす
凪のあすから(答)
67%


「日本一きれいな砂浜」を名乗る
三重県熊野市の◯◯海水浴場?
新鹿
あたしか(答)

『凪のあすから』(なぎのあすから、NAGI NO ASUKARA)は、2013年10月から2014年4月まで放送された日本のテレビアニメ。漫画雑誌『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)とP.A.WORKSのコラボレーション企画として同誌2012年10月号で製作が発表された[1]。略称は「凪あす」[2]。

ボンネットバスやオート三輪が独自の進化を遂げて走っているなど、独特の雰囲気を持った海浜の町が舞台となっている。
劇中で実在する地名は使われていないが、美術監督の東地和生を初めとするスタッフ陣が三重県熊野市へ取材におもむいた上で、新鹿海水浴場周辺やJR紀勢本線の波田須駅などをモデルとして描いている[3][4]。
物語は大きく分けて、ある年の夏とその5年後の夏の2部で構成されている。ここでは前者を「第1部」、後者を「第2部」として説明する。
引用元:凪のあすから – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%AA%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%8B%E3%82%89

新鹿海水浴場(あたしかかいすいよくじょう)は、三重県熊野市新鹿町にある海水浴場である。

三重県南部の吉野熊野国立公園内に位置し、黒潮踊る熊野灘沿岸におけるリアス式海岸の中の新鹿湾に面し、夏場は多くの海水浴客で賑わう。
砂浜全般の砂質は白く細かい。水質は三重県の遊泳場の中でも最高評価の水質でAAにランクされている(2010年調査)[1]。
1998年(平成10年)に環境庁(現:環境省)の選定する「日本の水浴場55選」(現在は日本の水浴場88選)に選出。環境省による「快水浴場百選」にも選出。
引用元:新鹿海水浴場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%B9%BF%E6%B5%B7%E6%B0%B4%E6%B5%B4%E5%A0%B4