やびくともな屋比久知奈『モアナと伝説の海』


アニメ映画『モアナと伝説の海』
のヒロインの吹き替えを担当
屋比久知奈
やびくともな(答)
14%

ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートにて、英語版のモアナ役を務めるアウリィ・カルバーリョから日本のモアナ役が発表されました。モアナ役に選ばれたのは、ディズニーのヒロイン史上最大級のオーディションで選ばれた期待の新人、屋比久知奈(やびくともな)さん!

>ディズニーヒロイン史上、最大級の規模で実施されたオーディションで、見事モアナ役を射止めた屋比久知奈さんは、沖縄県出身の大学4年生。東宝主催の第1回ミュージカルのど自慢大会で優勝し、満を持して本作でデビューします。
ディズニーのヒロインと言えば、ラプンツェルを中川翔子さん、『アナ雪』のアナを神田沙也加さん、エルサを松たか子さんなど、様々な女優たちが務めており、全くの新人がヒロインを務めるのは異例の大抜擢!
ディズニー担当者は「“モアナ”はただヒロインというだけでなく、冒険を通して成長し、体現する演技力、16歳のフレッシュさ、さらに心情を伝えられる歌唱力も必要という非常に難しい役です。ディズニーヒロイン史上最高規模のオーディションとなったモアナ探しですが、“屋比久知奈”さんこそ日本のモアナと呼べる人でした。常に海を身近に感じる沖縄で育ち、家族や仲間に支えながら、さらにはこの春、夢に向かって自分の生まれ育った場所を飛び出そうとしている。まさに日本のモアナは彼女しかいなかった!」と屋比久さんの起用理由を語ります。
引用元:史上最大級のオーディションで大抜擢!『モアナと伝説の海』モアナ役声優発表!!ディズニー史上初!日米ヒロイン声優が初対面!|ニュース|モアナと伝説の海|映画|ディズニー公式 http://www.disney.co.jp/movie/moana/news/20170117_01.html

『モアナと伝説の海』(モアナとでんせつのうみ、原題: Moana)は、2016年11月23日にアメリカ合衆国にて公開の3Dコンピュータアニメーションによるスペクタクル・アドベンチャー映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが制作する56作目の映画である。日本では2017年3月10日に公開予定。
監督はロン・クレメンツとジョン・マスカー、主演声優にはアウリイ・クラヴァーリョとドウェイン・ジョンソンが起用された。

>時は昔、生命の源である全能の女神テフィティのハートは謎の男によって奪われ、世界に死の闇が広がってゆく。男は逃走の途中、マグマの悪魔であるテカの襲撃に逢い、テフィティのハートを海の底に失ってしまった。
それから数千年の時を経て、島の族長の娘であるモアナは、テフィティのハートを返す者として海に選ばれる。闇の影響によって島が死んでいき、漁業や農作物が壊滅的な被害を受ける中、モアナは掟を破りテフィティのハートを返すべく航海に出る。

>日本語題の「モアナと伝説の海」は2016年7月13日に発表され、同時に2017年3月10日に上映開始されることも発表された[23]。また、主演として新人の屋比久知奈(やびくともな、1994年6月6日生まれ)が起用されることとなった。
引用元:モアナと伝説の海 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%81%A8%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%B5%B7