『バンクーバー朝日軍』


太平洋戦争開戦までカナダに
実在した日系人野球チームを
題材とする、原秀則の漫画は?
『モントリオール朝日軍』
『バンクーバー朝日軍』(答)
『オタワ朝日軍』
『ケベック朝日郡』
61%

バンクーバー朝日(Vancouver Asahi)は、1914年から1941年まで、カナダ・バンクーバーで活動していた、日系カナダ移民の二世を中心とした野球チーム[1]。

>朝日が結成される前の1908年頃、カナダではビクトリアやバンクーバーに「ニッポン」を名乗る日系二世の野球チームが組織されていた。野球チーム設立の当初の目的は、日系カナダ移民の二世への教育目的があったという。
朝日は1914年に結成[1]、初代の監督には宮本松次郎が就任した。宮本は「馬車松」とあだ名されるほど精力的な人物だったそうで、チームも猛練習の末に力をつけていった。当時の日系人社会を中心とした支援をうけながら、朝日は5年目の1919年に、マイナーリーグにあたるインターナショナル・リーグで優勝する。この頃のチームは一軍から五軍までの構成であったらしく、一軍以外は下からそれぞれ「クローバーズ」「ビーバーズ」「アスレチックス」「カブス」という愛称を持っていた(一軍も短い期間ながら「タイガース」と名乗っていたことがあったようである)。

>遠征から帰国後、朝日はチームを再編成し、ハリー宮崎が監督をつとめた。ハリーはブリティッシュ・コロンビア州各地の白人チームから有力な選手を引き抜く一方、堅い守りとバントやエンドランなどの緻密な機動力を駆使する「Brain Ball」(頭脳野球)と呼ばれた戦術を編み出す。1926年に朝日は前年から加盟していたターミナル・リーグで優勝を果たし、その後1930年と1933年にもリーグ制覇を遂げている。当時ハリーは選手に対して、ラフプレーを禁じ、抗議も一切行わないよう指導した。これは当時の日本人社会と白人社会との間の軋轢をかんがみたものと考えられている。結果、朝日は日系人だけでなく、白人も応援するチームになっていった。
引用元:バンクーバー朝日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E6%9C%9D%E6%97%A5


海の向こうのサムライベースボール!
2003年、カナダ トロントにおいて、ある野球チームが
最高の名誉である、カナダ野球殿堂入りをした。そのチームの名は
「バンクーバー朝日軍」。この物語は、今から100年前、海を渡り、差別と貧困に喘いだ日系人に、希望と誇りをもたらし、カナダ最強といわれるまでになったサムライ野球チームのセミドキュメンタリーである。フェアプレーに徹し、白人からも熱狂的に迎えられた「朝日軍」、太平洋戦争によって強制的に解散させられた「朝日軍」、その悲しき軌跡を追う。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
2012年春、原秀則氏と、原作本の作者テッド・Y・フルモト氏とバンクーバーの取材を行い、「朝日軍」でプレーした選手で、ただ一人生存なさっている、ケイ上西さんとお会いした。日系人だけでなく、白人にも人気のあった朝日軍でプレーをした事への誇りが、戦後の苦しい生活を支えた…と語っていた。 原秀則氏とその夜、語り合った。WBCで日本が優勝する100年近く前に、世界に誇れるサムライ野球チームがあったことを、今の日本人に伝えたい。いや、知らなければならない。単に野球を描くのではない、単に歴史を描くのではない、人が生きていくための希望を描くんだと……
戦争が奪い去った朝日軍を、今、誌上で甦らせる!!
引用元:バンクーバー朝日軍 1 | 小学館 https://www.shogakukan.co.jp/books/09184889