『リプレイJ』今泉伸二


証券会社に勤める主人公が
タイムスリップして人生を
やり直す、今泉伸二のSF漫画は
『リプレイ◯』?◯を答えなさい
J(答)
『リプレイJ』
28%

『リプレイJ』は、今泉伸二による日本の漫画。ケン・グリムウッドの小説『リプレイ』を原案とした作品で、『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて2001年創刊1号から2004年33号まで連載された。単行本は全12巻。

原作を大幅に焼き直し、日本を舞台とした成功ストーリーとして制作されている。そのため、原作とはテーマが異なり、完全オリジナルと言ってもよい。
原作と同様にループものであるが、原作ではタイムスリップによる成功物語を幾度も繰り返すストーリーであったのに対し、本作では2回目のやり直し(3回目の人生)の冒頭で完結している。これは、連載当時の今泉が自らの作画速度の遅さや体調を考えて終了させたためであり、続きを望まれたこともあったが、新作への意欲から保留している[1]。
引用元:リプレイJ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4J

『リプレイ』(Replay)は、ケン・グリムウッドにより1987年にアメリカで出版されたSF小説。記憶を持ったまま人生をやり直す男の話。1988年度の世界幻想文学大賞を受賞した。
いわゆる「ループもの」である。

>経済的に成功していないラジオ局ディレクターのジェフ・ウィンストンは、43歳(1988年)で心臓発作による突然死を迎える。しかし、次に目を覚ますと18歳(1963年)の時点に遡っており、新しく人生をやり直すことになる。
ジェフは「未来の記憶」を存分に利用し、やり直しの人生(リプレイ)を謳歌するが、結局は同じ年の同じ時刻に死を迎え、人生のやり直しを強制再開させられる。この繰り返すリプレイの中で自暴自棄と諦観に囚われるが、同じ立場の女性と巡り合い、ジェフは改めて人生に向かい合うようになる。しかし、やがてリプレイ期間が次第に短くなり、主人公らは究極の絶対死(リプレイの終了)が訪れることを知る。

>リプレイJ – 本作が原案となった日本の漫画作品
引用元:リプレイ (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)