天文部『極悪のブリュンヒルデ』


岡本倫の漫画『極悪の
ブリュンヒルデ』で
主人公の良太がただ一人
在籍している部活動は?
電脳部
演劇部
天文部(答)
科学部
63%

『極黒のブリュンヒルデ』(ごくこくのブリュンヒルデ、英:Brynhildr in the Darkness)は、岡本倫による日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2012年9号から2016年18号[1]まで連載された。

>あらすじ[編集]
一度見聞きしたことを忘れない特殊能力を持つ高校生・村上良太は、子供の頃に事故で死なせてしまった幼馴染の少女・クロネコのことが忘れられず、彼女と交わした「宇宙人の存在を証明する」という約束を果たすべくNASAを目指して学年トップの成績を維持し、天文部で毎日夜空を見上げて探し続けていた。
ある日、良太の前にクロネコと瓜二つの転校生・黒羽寧子が現れる。彼女は、非人道的な人体実験を行っている研究所から逃げ出してきた《魔法使い》であり、物体を破壊する「破撃」の力を持った超能力者だった。魔法使いたちの首の後ろには「ハーネスト」と呼ばれる制御装置が埋め込まれており、「鎮死剤」と呼ばれる延命薬を毎日飲まないと、身体を維持することができずに死んでしまうという。
引用元:極黒のブリュンヒルデ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E9%BB%92%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB%E3%83%87


子供の頃に事故で死なせてしまった幼なじみが忘れられない高校生・村上良太は、彼女との約束を果たすべく、天文部に在籍し宇宙人を探していた。ある日、良太のクラスにその幼なじみと瓜二つの美少女・黒羽寧子が転校してくる。どこか浮世離れした彼女の秘密とは一体…!? 純愛ダークファンタジー、衝撃の第1巻!
引用元:極黒のブリュンヒルデ 1|集英社マンガネット S-MANGA.net http://www.s-manga.net/book/978-4-08-879348-1.html