週刊少年マガジン『光の小次郎』


水島新司の野球漫画
『ドカベン』が
連載されていた漫画雑誌は
「週刊少年チャンピオン」ですが

『光の小次郎』が
連載されていた漫画雑誌は?
「週刊少年ジャンプ」
「週刊少年マガジン」(答)
「週刊少年サンデー」
「週刊少年チャンピオン」
51%

『光の小次郎』(ひかりのこじろう)は、水島新司の野球漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて1981年から1984年まで連載された。

>プロ野球機構そのものを全てオリジナルで作っていることが特徴である。12球団も全チームオリジナルで、チーム名はメジャーリーグベースボールの実在チームから取られている。
高校生だった主人公が、プロ入り後も、あくまで自分の信念を貫く姿を描いている。物語は、好きな球団へ入りたいことから、ドラフト制度に立ち向かうところから始まる。
2012年、『ドカベン ドリームトーナメント編』にて新田小次郎や山本武蔵、日照続が再登場した。
引用元:光の小次郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E3%81%AE%E5%B0%8F%E6%AC%A1%E9%83%8E


意中の球団にあらずば、プロ入りはせず! 夏の甲子園大会の話題をひとり占めした、日本海高校のエ-ス・新田小次郎。当然プロ野球ドラフト会議でも、全球団から一位指名を受けたのだったが……。
引用元:『光の小次郎(1)』(水島新司):講談社漫画文庫|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062602006