「ACミラン」「インテル」レオナルド監督


次のうち、鹿島アントラーズでも
プレーした元サッカー選手・
レオナルドが監督を務めた
クラブを全て選びなさい
インテル(答)
ローマ
ACミラン(答)
38%


『戦国魔神ゴーショーグン』
ドクーガ三将軍
真っ赤な薔薇
「美しい・・・・・・」
レオナルド・M・ブンドル(答)
ゼニガスキー・ジッター
ヤッター・ラ・ケルナグール
スーグニ・カットナル


レオナルド・ダ・ビンチの師匠
ヴェロッキオが彼と共同で制作
した絵画で、弟子の描いた天使を
見て画家を辞めたとされるのは?
『聖ヒエロニムス』
『東方三博士の礼拝』
『キリストの洗礼』(答)
『白貂を抱く貴婦人』


次のうち
レオナルド・ディカプリオが
出演した映画を全て選びなさい
『クイック&デッド』(答)
『天使と悪魔』トム・ハンクス
『アビエイター』(答)

レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ(Leonardo Nascimento de Araújo、1969年9月5日 – )はブラジル出身のサッカー選手、同指導者。現役時代のポジションはMFおよびDF。愛称はレオ。
17歳でプロ契約を結び、フラメンゴ、鹿島アントラーズ、ACミランなどでプレー。ブラジル代表の一員として、1994年、1998年と2度のワールドカップに出場し、優勝と準優勝を1度ずつ経験した。2011年までインテル・ミラノの監督を務めた。

>監督歴
2009-2010 イタリアの旗 ACミラン
2011 イタリアの旗 インテル・ミラノ
引用元:レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7

ドクーガ側[編集]
レオナルド・メディチ・ブンドル情報局長
声 – 塩沢兼人
ドクーガ三幹部の1人で、主に情報収集を担当している。貴族であり、自称メディチ家の子孫。初登場時は旗艦からヨハン・シュトラウス2世の「美しく青きドナウ」を大音量で流すなど、クラシック音楽を伴って現れる。
三幹部中唯一の美形キャラではあるが、「物事は常に美しくなければならない」という独特の美意識と価値観を持つ扱いにくい変人で、ナルシシズムの塊。自らの作戦が失敗しても動じず、高額の損失補填を求められても「もちろん潔く一括払いだ」と言い放っている。
引用元:戦国魔神ゴーショーグン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E9%AD%94%E7%A5%9E%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%B3

『キリストの洗礼』(キリストのせんれい(英: The Baptism of Christ)は、初期ルネサンスの画家アンドレア・デル・ヴェロッキオとその弟子達が描いた絵画。
通例ヴェロッキオとレオナルド・ダ・ヴィンチの合作とされるが、この2人以外の手も認められる[2]。

>逸話[編集]
レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた左端の天使を見て、師であるヴェロッキオは筆を折り、その後2度と絵を描くことはなかったと伝えられているが、正確には間違いであり、単に工房が受注した絵画の制作のほとんどを弟子達に任せ、自身は専門の彫刻に専念していったというだけでしかない[2]。この逸話はヴァザーリの画家・彫刻家・建築家列伝に端を発するものである[2]。
引用元:キリストの洗礼 (ヴェロッキオの絵画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B4%97%E7%A4%BC_(%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E3%81%AE%E7%B5%B5%E7%94%BB)

レオナルド・ウィルヘルム・ディカプリオ(英: Leonardo Wilhelm DiCaprio [liːəˈnɑːrdoʊ dᵻˈkæprioʊ], 1974年11月11日 – )は、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、脚本家。
>主な作品
『ギルバート・グレイプ』
『ロミオ+ジュリエット』
『タイタニック』
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
『アビエイター』
『ディパーテッド』
『ブラッド・ダイヤモンド』
『インセプション』
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
『レヴェナント: 蘇えりし者』
引用元:レオナルド・ディカプリオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AA