耕野裕子(こうのゆうこ)『陽気なギャングが地球を回す』夫は『えの素』榎本俊二


夫は漫画家の榎本俊二
『リバイバルはいつも電車で』
『陽気なギャングが地球を回す』
『CLEAR -クリア-』
吉野朔実
耕野裕子(答)
清原なつの
松苗あけみ
34%


『冷蔵庫にパイナップル・パイ』
『うちのママが言うことには』
『1月にはChristmas』
『アリスにお願い』
岩館真理子(答)

連想
『ぼくだけが知っている』
『瞳子』
『ジュリエットの卵』
『少年は荒野をめざす』
吉野朔実(答)

連想
『恋愛内科25時』
『食と薔薇の日々』
『山田くんと佐藤さん』
「純情クレイジーフルーツ』
松苗あけみ(答)

耕野 裕子(こうの ゆうこ、10月26日 – )は女性漫画家。広島県出身。夫は漫画家の榎本俊二。
集英社から出版されていた少女漫画誌「ぶ〜け」の、第一回まんが家養成コース(短編部門)で第一席となり、翌年9月号『下山君にラブレター』でデビュー。作品は、思春期・青年期を題材としたものが多い。
近年では、作家・伊坂幸太郎の作品『陽気なギャングが地球を回す』の漫画化を手がけた。
引用元:耕野裕子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%95%E9%87%8E%E8%A3%95%E5%AD%90

陽気なギャングが地球を回す
BE・LOVE
ヨウキナギャングガチキュウヲマワス
漫画:耕野裕子 原作:伊坂幸太郎
人間嘘発見器、演説名人、天才スリ、そして正確無比な体内時計……。史上最強の強盗4人組! 合い言葉は、ロマンはどこだ!

引用元:『陽気なギャングが地球を回す』(耕野裕子 伊坂幸太郎)|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063721423

榎本 俊二(えのもと しゅんじ、1968年12月10日 – )は神奈川県生まれの日本の漫画家。藤沢市立御所見中学校、神奈川県立藤沢西高等学校、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。左利き。
日本映画学校在学中に『ビッグコミックスピリッツ』で第3回相原賞特別賞(ゴッホ記念財団(嘘)賞:賞品はひまわりのタネ)を受賞。その後『月刊アフタヌーン』(講談社)の四季賞(1989年秋の佳作)に入賞し、応募作が同社の『週刊モーニング』に掲載され漫画家としてデビューした。漫画家を目指したきっかけは協調性がないことに気づいたから。代表作は『GOLDEN LUCKY』『えの素』など。
配偶者は同じく漫画家の耕野裕子。
引用元:榎本俊二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%8E%E6%9C%AC%E4%BF%8A%E4%BA%8C

岩館 真理子(いわだて まりこ、1957年2月8日 – )は、日本の漫画家。北海道札幌市出身[1]。
>1992年、『うちのママが言うことには』で、第16回講談社漫画賞を受賞。このほかの代表作に『1月にはChristmas』、『アリスにお願い』などがある。長い漫画家生活の中で、漫画の描き方が分からなくなるようなスランプにも、度々見舞われたことがあるという[2]。
大塚英志は、岩館を「大人の少女まんが(レディースコミックではない)という新しい形を作った漫画家」と評価し、『ヤングユー』などの女性誌の発展に彼女が果たした役割は小さくないと指摘している[3]。また、よしもとばなななどの作家も、彼女に大きな影響を受けている。
引用元:岩館真理子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E9%A4%A8%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90

吉野 朔実(よしの さくみ、1959年2月19日 – 2016年4月20日)は、大阪府出身の日本の漫画家。血液型O型。

>1985年から『ぶ〜け』に連載された『少年は荒野をめざす』と、引き続いて1988年より『ぶ〜け』に連載された『ジュリエットの卵』が代表作。クールで分析的な作風で、しばしば心理学を題材とする。青年期のアイデンティティ・クライシスを描くために、直接的・間接的に双子を扱った作品が多い。
作風は、松苗あけみや山本直樹の影響を受けたと語っており、歌人の穂村弘や精神科医の春日武彦との交友関係が知られている。
文学にも造詣が深く、『本の雑誌』で書評エッセイを連載したほか、NHKの書評番組である『週刊ブックレビュー』にも、過去数回、書評者として出演した。
引用元:吉野朔実 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E6%9C%94%E5%AE%9F

清原 なつの(きよはら なつの、1956年8月8日 – )は、日本の漫画家。岐阜県岐阜市出身。本名は植田祐子。

>金沢大学薬学部に在学した経歴を持ち、初期の代表作『花岡ちゃんシリーズ』は執筆当時リアルタイムで学生生活を送っていた金沢市が実質的舞台となっている。
1980年代後半以降は科学研究職との兼業のため寡作となったが、この時期には性的テーマに取り組んだ最大の連作『花図鑑』シリーズなどの作品がある。2004年には、千利休の生涯を取り上げた伝記的作品『千利休』を4年半かけて完成させ、発表した。
近年は雑誌(『月刊Flowers』、『イブニング』など)で新作短編を発表。2007年3月創刊の『コミックチャージ』で筒井康隆原作『家族八景』を連載。『月刊Flowers』で『お伽ファンタジー』シリーズを不定期連載している。
引用元:清原なつの – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E5%8E%9F%E3%81%AA%E3%81%A4%E3%81%AE