スクウェア『ミスティッククエスト』エニックス『ブレインロード』『ソウルブレイダー』


次のSFC用ゲームを
発売したメーカーごとに
グループ分けしなさい

スクウェアエニックス
ブレインロード
ミスティッククエスト
ソウルブレイダー

28%

『ブレインロード』 (BRAIN LORD) は、1994年1月29日にエニックス(現スクウェア・エニックス)から発売された、スーパーファミコン用のアクションロールプレイングゲームである。キャラクターデザインを神村幸子が担当している。

ストーリー[編集]
数百年前、ドラゴンをパートナーとして戦った人間「竜の戦士」。一族の末裔であるレミールの父は、ドラゴンの生き残りを探すために旅立ち、そのまま帰ってこなかった。
青年に成長したレミールは冒険者となり、父とドラゴンの手がかりを求め旅を続けていた。ある日、アークスの町でまどろみから目覚めた彼はドラゴンの噂を耳にする。

システム・特徴[編集]
本作には通常のRPGと異なり経験値やレベルアップの概念がなく、敵を倒すことで得られるのはお金のみとなっている。
主人公の強化は、武器防具の購入と装備、成長アイテムの入手と使用によって行われる。武器には弓矢やブーメラン・剣・斧・モーニングスターといったものがある。防具は兜・鎧・盾・アクセサリーの4種あり、盾と使い捨てのアクセサリーには使用できる回数が設定されている。使用可能な回数を使い切ると、そのアイテムは失われる。
引用元:ブレインロード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

『ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト』(ファイナルファンタジーユーエスエー ミスティッククエスト、英字:Final Fantasy USA Mystic Quest、略称:FFUSA、MQ)は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。ジャンルはRPG。ファイナルファンタジーシリーズ(以下、FFシリーズ)の外伝的作品。単に「ミスティッククエスト」とも呼ばれる。

>日本では1993年9月10日にスーパーファミコン (SFC) 用ゲームソフトとして発売された。タイトルの「USA」からも解るように、元々アメリカで発売されたものが日本向けに翻訳輸入されたものである。アメリカでは約1年前の1992年10月5日にSNES用ゲームソフト “Final Fantasy Mystic Quest” として発売されている。後にヨーロッパでも発売されたが、ヨーロッパでは既に『聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜』(ゲームボーイ)が “Mystic Quest” の名前で発売されていたため、本作は “Mystic Quest Legend” というタイトルでリリースされることになった。
引用元:ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCUSA_%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88

ソウルブレイダー(Soul Blader)はクインテットが開発し、1992年1月31日にエニックス(現スクウェア・エニックス)が日本で発売したスーパーファミコン用アクションRPG。
また欧米でも、ソウルブレイザー(Soul Blazer)というタイトルにて発売されている。
BGMは元ゴダイゴのタケカワユキヒデが作曲。
引用元:ソウルブレイダー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC