大吉の叔母『うさぎドロップ』りん


宇仁田ゆみの漫画
『うさぎドロップ』で主人公
大吉と共同生活する少女・りんは
血縁上、大吉の姪にあたる
×(答)
◯叔母
51%

126TuXjAarlxp
『青みゆく雪』
『よにんぐらし』
『トリバコハウス』
『うさぎドロップ』
志村貴子
小玉ユキ
宇仁田ゆみ(答)
二ノ宮知子
引用元:宇仁田ゆみ 『うさぎドロップ』『トリバコハウス』 三重県在住の漫画家 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/11874/

CIMG0809
フィンランド語で「カニ」と
いえば、どんな動物を意味する?
キジ
シカ
ウサギ(答)
リス
引用元:「スイカ頭」watermelon head「田舎者・無粋なやり方」 「ヘンダワネ」ペルシャ語「スイカ」 「カニ」フィンランド語「ウサギ」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/6372/

『うさぎドロップ』は、宇仁田ゆみによる『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて連載されていた日本の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ作品、実写映画。

>祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉(ダイキチ)は一人の少女と出会う。
その少女、鹿賀りんは祖父の隠し子であった。望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てると言った。こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる。

>河地大吉(かわち だいきち)
声 – 土田大 / 演 – 松山ケンイチ
本作品の主人公[1]。
30歳、独身。りんや親しい関係者からは「ダイキチ」と呼ばれる。生まれた時にキンモクセイが実家に植えられている。大吉自身はりんと暮らすまでは、実家には何年も帰っていない。
基本的に女性と子供を苦手としているが、高校時代や会社勤めを始めた頃に、女性と付き合っていた(もしくはそれに準じた関係があった)過去がある。子供の頃に転んで頭部をケガをしており、一部分に髪が生えていない。
衣料品メーカー(アニメ版の会社名は糸由(いとよし))に勤めている。野球が得意という理由で採用され入社。部下からは慕われており異動の際には、大吉が中国語が出来るということもあるが、部下から異動をしないよう懇願されていた。ファミコン世代でTVゲームに興じるが、3D視点のゲームは距離感がつかめず苦手。「鉄拳」は得意。

>鹿賀りん(かが りん)
声 – 松浦愛弓 / 演 – 芦田愛菜
2005年8月10日生まれ。
鹿賀宋一と吉井正子の娘であり、大吉の戸籍上の叔母。第1部では6歳~、第2部では16歳~。
「りん」という名前は宋一が、自分が好きだったリンドウの花の名からつけた。大吉に出会う前は宗一の家で暮らしていたが、頻繁に母・正子の家へ連れて行かれることを嫌がっていた。生まれた時にキンモクセイが宗一の家の庭に植えられていたが、小学生入学の際には枇杷の種を埋めた。子供好き。食事のマナーを厳しく躾けられていて、大吉を度々叱っている。
引用元:うさぎドロップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97