『大戦隊ゴーグルファイブ』後楽園遊園地の地下基地 初めての黒 新体操の手具


1982年放送開始
後楽園遊園地の地下に基地がある
シリーズ初の黒のメンバー
新体操の道具で戦う
『科学戦隊ダイナマン』
『電撃戦隊チェンジマン』
『超電子バイオマン』
『大戦隊ゴーグルファイブ』(答)
72%


1983年放送開始
デザイナーの出渕裕が初参加
「野球戦隊」として企画された
ジャシンカ帝国と戦う
『科学戦隊ダイナマン』(答)

連想
1984年放送開始
メカ人間の新帝国ギアと戦う
シリーズ初めて女性戦士が2人に
バイオマンハンター・シルバ
『超電子バイオマン』(答)

連想
1985年放送開始
大星団ゴズマと戦う
アースフォースに選ばれた戦士
5体の聖獣の力を宿す
『電撃戦隊チェンジマン』(答)

連想
1986年放送開始
改造実験帝国メスと戦う
シリーズ初の2号ロボ
声優の中田譲治が顔出しで出演
『超新星フラッシュマン』(答)

連想
1987年放送開始
地底帝国チューブと戦う
シリーズ初の6人目の戦士
オーラパワー
『光戦隊マスクマン』(答)

連想
1989年放送開始
第1話で過去10作の戦隊が集合
暴魔百族と戦う
シリーズ初めて5人全員が高校生
『高速戦隊ターボレンジャー』(答)

『大戦隊ゴーグルファイブ』(だいせんたいゴーグルファイブ)は、1982年(昭和57年)2月6日から1983年(昭和58年)1月29日までテレビ朝日系列で毎週土曜日18:00 – 18:30に全50話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローチームの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第6作目[注 1]。新聞のテレビ欄に収まる字数にするための「大戦隊ゴーグルV」という表記もある[1][2][3]。

>『サンバルカン』が3人だったのに対しメンバーの数が従来と同じ5人に戻ったのは、スポンサーの後楽園ゆうえんちから「3人ではショーが盛り上がらない」との要望があったからである[4]。
5人の変身後のスーツに初めて「黒」が明確な色分けの元に登場した。「悪」を連想させる黒をヒーローの色に採用したのは画期的な試みである[注 2]。『秘密戦隊ゴレンジャー』や『電子戦隊デンジマン』で使われていた「緑」という色は赤、青、黄、桃と比べ子供受けが良くなかったことから、本作では緑以外の新しい色が検討され、「黒」と「紫」が残ったが、印刷では「紫」は見栄えが悪いということになり[注 3]、「黒」が採用された[4]。春田は次作『科学戦隊ダイナマン』でもブラック戦士を演じ、後年のインタビューでも「自分がブラックのイメージを確立した」ことを誇りとともに回想している[5]。
引用元:大戦隊ゴーグルファイブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%96

あんこくかがくていこく デスダークと たたかうため、
えらばれた せんし。
みらいかがくで たたかうぞ!
ぶきは、しんたいそうのどうぐを ヒントにしたんだ!
引用元:スーパー戦隊百科:大戦隊ゴーグルファイブ http://www.super-sentai.net/sentai/goggle.html

『科学戦隊ダイナマン』(かがくせんたいダイナマン)は、1983年2月5日から1984年1月28日までテレビ朝日系列で全51話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローチームの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第7作目に当たる[注 1]。

>「科学と夢」というテーマを掲げ、「ダイナミック」「ダイナマイト」といった動きのあるイメージを持ったキーワードを意識する形で企画が立ち上げられた[2]本作品は、一方でそれらのキーワードの持つイメージをスーツやマスクといった造形物のデザインに反映し辛い[2]ことから、安定した人気を持っていた野球をモチーフとして『野球戦隊Vリーガー[3]』と名付けられて企画が進められた。
しかしどうコスチュームをアレンジしても、長い歴史の中で洗練されてきた実際の野球ユニフォームの格好よさには及ばないとの判断から、最初の撮影会の時点で胸にあしらわれていた野球のユニフォーム風の欧文ロゴを外し、従来の戦隊のイメージに近いデザインへと変更された[4]。これに伴いタイトルも、本来のテーマやキーワードを踏まえた『科学戦隊ダイナマン』に改められたが、決定デザインの半袖スーツや、ブラックとブルーが取る一本足打法のようなポーズ、ダイナロボの合体コードである「グランドスラム」(満塁ホームランの意)などに「野球戦隊」の名残りが見られる。『ダイナマン』へと企画が軌道修正されてからはダイナマイトのイメージを重視し、また「魂の爆発」を作品の魅力の一つとしようという発想[2]から、それを表現するべく爆発にこだわった作品となった。主題歌の歌詞にも「爆発」という言葉が繰り返し使われているほか、映像表現でもナパームや色粉を用いた爆発シーンが多用された。鈴木武幸プロデューサーによると「過去最高の火薬量」が使われたという[4]。
引用元:科学戦隊ダイナマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%83%B3

『超電子バイオマン』(ちょうでんしバイオマン)は、1984年(昭和59年)2月4日から1985年(昭和60年)1月26日までテレビ朝日系列で毎週土曜18:00 – 18:25 (JST) に全51話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

>その一環として、企画当初は「男性5人のみの戦隊」という案も出ていたが、5人全員を男性にしてしまうとドラマの展開が難しくなることから見送られ[3]、代わって鈴木武幸プロデューサーの案による「女性戦士が2人」という要素が導入された[4]。この要素には、女性1人ではメンバーの飾り物になりがちなところを、2人だと女の子同士の会話というドラマ造りができるなどの利点があった。一般的には男児向け作品での女性戦士はあまり受けが良くないものであり、スタッフからは反対意見も出たが、実施してみると好評だったため、翌年には一転して「女性5人でもいいのでは」という意見まで出たという[5][3]。
引用元:超電子バイオマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%B3

『電撃戦隊チェンジマン』(でんげきせんたいチェンジマン)は、1985年(昭和60年)2月2日から1986年(昭和61年)2月22日までテレビ朝日系列で毎週土曜18:00 – 18:25(JST)に全55話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

>『バイオマン』では従来のパターンを脱し、新たな試みが取り入れられたのとは対照的に、本作品では毎回の主役5人の名乗り、怪人の巨大化などといった従来のパターンへの回帰が見られている。一方で前作も含めた従来の路線との差別化も同時に試みられており、その最たるものが一枚岩の組織ではない「大星団ゴズマ」の存在である。『バイオマン』の敵組織が主にメカニカルなロボットによって構成されていたことから、本作品ではゴズマという組織を「止むに止まれぬ事情で侵略に加担せざるを得ない立場のエイリアン集団」として設定、同時にデザイン面でも全体を生物的なイメージで統一することで、単純な悪の組織とは一線を画した路線が打ち出された[3][4]。また一部の敵幹部や一話のみ登場のゲスト怪人を単なる悪役に設定せず、前述の設定をクローズアップする形で敵側の苦悩を描くことにより物語の幅を広げ、高い年齢層へ向けてのドラマ強化も行われた[5][6][7]。またこれ以外にも、変身後の名前に色ではなくモチーフとなっている伝説獣の名前を取り入れていたり[1]、敵怪人の巨大化に初めてそれ専用のキャラクターを登場させる[3]などといった試みがなされている。
引用元:電撃戦隊チェンジマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%B3