「ジャックハンター吉田」有限会社クルーズ代表のコラムニスト『ゲームになった映画たち』


ゲーム・映画コラムニスト
有限会社クルーズの代表取締役
著書『ゲームになった映画たち』
プロレスラーだったことも
マフィア梶田
ジャックハンター吉田(答)
多根清史
ゾルゲ市蔵
58%


セガがドリームキャストで発売
ゾルゲール哲の代表作
ドルメヒカ
セガのゲーム業界制圧をめざす
『セガガガ』(答)


1988年のフランス映画
『子熊物語』の監督は
ジャック・ドゥミである
×(答)
○「ジャン=ジャック・アノー」

ジャンクハンター吉田(ジャンクハンターよしだ、本名:吉田武、1970年11月5日 – )は、日本の会社経営者、元プロレスラー、ゲーム・映画コラムニスト。東京都北区赤羽出身。東京都立赤羽商業高等学校卒業。身長184cm。

>出版業界には中学卒業後、定時制高校へ通いながらJICC出版局(現・宝島社)でファミコン必勝本や毎週発売されるゲーム攻略本の編集補助を2年半担当。余談だが隣の編集部では映画評論家の町山智浩が別冊宝島の編集をしており、後の映画秘宝で仕事をするきっかけともなった。その後、銀座にある映画系広告代理店の現代へ勤務し、7年勤めたのちに退職。1998年秋よりデジタルハリウッド御茶ノ水校へ通いながら、テレビ番組や映像制作現場でのADを務めつつ、再び出版業界へ戻った。
現在は有限会社クルーズの代表取締役。休眠中の映画秘宝.com編集長、自社媒体のEnterJamなど、ゲーム業界、映画業界、出版業界を主軸にしながら、各社でコンサルティングやスーパーバイザーとしても活動している。
2008年4月末に「ゲームになった映画たち」が三才ブックスより刊行された。Tシャツブランド・MARS SIXTEENの外部役員を務めていたことがある。
引用元:ジャンクハンター吉田 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%90%89%E7%94%B0


2008年に刊行され話題を呼んだ『ゲームになった映画たち』が、大幅な加筆修正&100タイトル以上の新規書き下ろしの完全版で甦る!
さらに、『トワイライトシンドローム』、『シルバー事件』、『NO MORE HEROES』を生み出した須田剛一氏のインタビューや新規コラムも収録。
世界中の映画を題材にしたシネマゲームを遊びつくした、自称“シネマゲーム研究家”であるジャンクハンター吉田が贈る、究極のシネマゲーム研究読本が登場です。
引用元:ゲームサイド公式サイト GAMESIDE http://gameside.jp/books/eiga/

商 号 有限会社 クルーズ
代 表 者 代表取締役社長 吉田 武
引用元:会社概要|有限会社クルーズ http://junkyoshida.smart-h.com/company.html

マフィア梶田( マフィアかじた )1987年10月14日 – )は日本のフリーライター。別名義に「SP田中(エスピーたなか)」がある。おもにゲームサイト「4Gamer.net」や声優情報誌などで記事を執筆しているほか、ラジオパーソナリティやイベントMC、声優としても活躍している。また、現在LINE公式アカウントにてお友達リクエストすると、会話中BOTのようなリアクションが来る。

>色付きのメガネ(サングラスではないと『アニゲラ』で公言している)に192cmの長身、さらにはスキンヘッドといった威圧的な容姿をしているため、周囲の人間からは「ハードな元ヤン」と勘違いされることが多い(本人の出演するラジオでは悉くこのことがネタにされており、最近では自分自身でもネタにしている)。しかし実際は、自身のコラムやラジオなどで、アニメやゲームなどのいわゆる2次元への愛を熱く語るなど、外見とのギャップが激しい趣味を持っている。本人いわく、具体的には「魁!!クロマティ高校の竹之内豊をマイルドにした感じ」とのこと[1]。その外見から実際の年齢よりも上に見られることがしばしばある[2]。痔持ちで『アニゲラディドゥーン!!』の中でも度々ネタにされている。本人曰く『安定期』らしく感覚が麻痺してしまっているようである。

>2016年公開の劇場版特撮映画『シン・ゴジラ』では、カヨコ・アン・パタースン(演:石原さとみ)のSP役として出演。2015年にあるライブに招待されて行ったところ、総監督の庵野秀明が招待されており、挨拶に行くと共通の知り合いを通じて面識のあった庵野の妻の安野モヨコに誘われる形で庵野と会話したことが出演のきっかけであり、その2日後に安野を通じて出演のオファーが来たという。また、出演時はSPという役柄から一切喋らず、収録現場でもシリアスな空気感から休憩中でも他の出演者と話すことが無かったため、公開直前のレッドカーペットセレモニーでネット番組のレポーターを務めた際には、来場した主要な出演者は彼の現場とのギャップに驚いたという[8]。
引用元:マフィア梶田 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%A2%B6%E7%94%B0

多根 清史(たね きよし、1967年 – )は、日本のフリーライター。大阪市生まれ。
1994年京都大学大学院法学研究科修士課程修了(国際政治学、修士論文題目「北大西洋条約とケナン」)。指導教授は高坂正堯。太田出版『CONTINUE』の編集デスクを経て[1]、ライターとなる。主にゲーム、アニメなどに関して著作がある。
引用元:多根清史 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E6%A0%B9%E6%B8%85%E5%8F%B2

ゾルゲ 市蔵(ぞるげ いちぞう、Sorge Ichizo又はZolge Ichizo、本名:岡野 哲 おかのてつ)は日本の漫画家、イラストレーター、ゲームクリエイター、ゲームライター。他にゾルゲール 哲(Zorger -)などのペンネームも用いる。かつて株式会社セガ(後の株式会社セガゲームス)企画制作部に所属していた。2014年現在は株式会社ヒューガ代表[1]。

>その後、同人およびアルバイトでコンピューターゲーム製作の経験を活かし、セガに入社した。AM3研配属となり、アーケードゲーム開発に従事する。1996年より、「ユーズド・ゲームズ」およびマイクロマガジン社発行の書籍を中心に、ゲームライターおよびイラストレーター、漫画家として活動を広げ、セガ社員となった後も、セガ製以外のいくつかのゲームにイラストレーターとして参加している。
引用元:ゾルゲ市蔵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%82%B2%E5%B8%82%E8%94%B5