「ウルトラマンゼロ」レオが師匠、セブンは父


ウルトラマンゼロの師匠は
ウルトラマンタロウである
×(答)
◯ウルトラマンレオ
58%

ウルトラマンゼロは、円谷プロ制作の特撮作品のシリーズ『ウルトラシリーズ』に登場する、架空のキャラクター。2009年公開の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で初登場した。

>ウルトラセブンの実子である若きウルトラ戦士で、若き最強戦士とも呼ばれる。外見もセブンに非常に似ているが、体色は上半身が青、下半身が赤という、M78星雲光の国のウルトラマンでは見られない基調をしており、頭部にはセブンのアイスラッガーと同型の武器ゼロスラッガーが2本装着されている。目付きは鋭くなっており、胸にはカラータイマーがある。セブンゆずりの光線技や、師匠であるウルトラマンレオから教わった宇宙拳法を駆使して戦う。K76星での修行の成果か戦闘力はかなり高く、並の怪獣なら一対多数でも苦もなく倒してしまうほどの強さを誇る。

>セブンのことは「親父」と呼んでいるが、自身がセブンの息子という事実を知らされる直前まではセブンのことを呼び捨てしていた。師匠のレオも呼び捨てし[注釈 5]、先輩に当たる他のウルトラ戦士達に対しても二人称は「あんた」、基本的にはタメ口で接している[注釈 6]。しかし、ゾフィーのことは「ゾフィー隊長」と呼び、ウルトラの母に対しては少しだけだが敬語を使ったり(『ウルトラゼロファイト』第二部)、ウルトラマングレートのことを「グレート先輩」と呼んだりする(『ウルトラマン列伝』第100話)など、上司や先輩達に対する礼節も徐々に身につけてきている。
引用元:ウルトラマンゼロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AD