『あずきちゃん』『ママは小学4年生』『コボちゃん』


次のTVアニメの主人公を
年齢が高い順に選びなさい
『あずきちゃん』
『ママは小学4年生』
『コボちゃん』
58%

018penlwQJREl
次のTVアニメと
オープニングテーマを歌った
アーティストの
正しい組み合わせを選びなさい
ボボボーボ・ボーボボ───ウルフルズ
コボちゃん───真心ブラザーズ
ポコニャン!───大事MANブラザーズバンド
引用元:アニメOPとアーティスト『ボボボーボ・ボーボボ』ウルフルズ『コボちゃん』真心ブラザーズ『ポコニャン!』大事MANブラザーズバンド http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/2263/

043DAvlPOH
次の漫画を、読売新聞の
朝刊に連載されたのが
古い順に選びなさい
『轟先生』
『おトラさん』
『OH!ミスター』
『あっぱれサン』
『コボちゃん』
引用元:読売新聞の漫画連載順『轟先生』『おトラさん』『OH!ミスター』『あっぱれサン』『コボちゃん』 日経新聞『ほいきた君』『バクさん』『ゲンペイ君』『ドーモ君』 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/24297/

『あずきちゃん』は、原作:秋元康、作画:木村千歌による日本の漫画、およびこれを原作にしたテレビアニメ、アニメ映画作品。講談社の少女漫画雑誌『なかよし』にて1992年8月号から1997年4月号まで連載された。全57話(本編56話とエピローグ1話)。単行本はKCなかよしから全5巻。主人公あずきちゃんこと野山あずさが小学5年生から中学校を卒業するまでが描かれている。

>野山あずさ(通称あずきちゃん)は、転校生の小笠原勇之助にひと目惚れ。次第に彼との仲を深めていくものの、勇之助の人気や強力なライバルであるヨーコちゃんのために、毎日が不安でいっぱい。そんな小学生の恋愛模様をクラスメイトや先生、両親の視点からなぞって行くほのぼの恋愛ストーリー。
原作ではあずさ達が中学生に進級。あずさは同級生・松岡竜一と勇之助との間で揺れ動くこととなる。
引用元:あずきちゃん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%8D%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

『ママは小学4年生』(ママはしょうがくよねんせい)は、サンライズの制作で、1992年1月10日から同年12月25日にかけて、日本テレビで金曜日17:00-17:30に放映されたテレビアニメ。略称は『ママ4』(ママよん)。

>15年後の未来からやってきた自分の赤ちゃんを小学4年生の少女が育てるという、タイムパラドックスを設定としたホームドラマ。「天真爛漫な赤ん坊に振り回される子供たちと、その子供たちにさらに振り回される大人たち」というコメディタッチを基調にしつつ、親子の愛情や育児と仕事の両立などのテーマが織り込まれている。サンライズが女児向けに制作した作品は、2012年に『アイカツ!』(テレビ東京系)が放送されるまで本作品のみだった。SF作品としての要素は薄いものの、1993年の日本SF大会で、「星雲賞」メディア部門に選出された[1]。
引用元:ママは小学4年生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%AF%E5%B0%8F%E5%AD%A64%E5%B9%B4%E7%94%9F

『コボちゃん』は、植田まさしによる日本の4コマ漫画作品、およびこれを原作としたアニメ作品。
>田畑小穂(たばた こぼ)
声 – 大谷育江
この漫画の主人公。みどり小学校3年生。耕二と早苗の息子で刈り上げ頭と何かを被せたようなヘアースタイルがトレードマーク。ごく平凡な子供であるが、時々子供とは思えないようなませた言動、考え、行動をすることがある。明るく元気な性格で、チャンバラごっこ、西部劇ごっこなどをよくやる。将来は耕二と同じ会社に勤めるつもりでいる。頭頂部の2本の毛を切られた際に、さくらんぼの枝を代用したことがある。誕生日は5月27日[3]。
連載開始から長らくたんぽぽ幼稚園に通う5歳の幼稚園児という設定だったが、実穂の誕生と成長に合わせてコボも成長しており、小学校3年生程度まで加齢していく事が作者から明かされている。2011年4月6日掲載分でみどり小学校に入学し、それから小学2年になり、2013年度から小学3年に進級した。
名前の由来は、作者自身が子供の頃に呼ばれていた「こぼちゃん」(末っ子・小さい子供という意味)より[4]。
引用元:コボちゃん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9C%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93