ビデオ戦士「レザリオン」


ゲームのプログラムが実体化した
巨大ロボットが活躍する、1984年
放送のTVアニメは『ビデオ戦士
◯◯◯◯◯』? ◯を答えなさい
レザリオン(答)
55%

『ビデオ戦士レザリオン』(ビデオせんしレザリオン)は、1984年(昭和59年)3月4日から1985年(昭和60年)2月3日までTBS系列で全45話が放送された、東映・東映動画制作のロボットアニメ。MBSは「素人名人会」を放送していた関係で土曜17時後半枠で先行放送されていた。『光速電神アルベガス』に引き続き、東映が制作に関わったアニメであるが、放送局は『アルベガス』から大きく変更されている。
引用元:ビデオ戦士レザリオン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

ビデオ戦士レザリオンとは、1984年(昭和59年)3月4日から1985年(昭和60年)2月3日までTBS系で全45話が放送されたロボットアニメ、及び劇中に登場するテレポートしまくる想定外のチート主役ロボの名称である。

概要イン!
地球クリーン化計画により火星と月が廃棄物処理場扱いになっている近未来。月のゴッドハイド博士率いる反乱軍によって地球に対する反乱が勃発した。そんな最中、ネトゲをしていた主人公・香取敬がプログラミングしていたゲーム用ロボとブルーハイム博士の研究の成果であった物質伝送装置が反乱軍の奇襲によりプログラム混線を起こし、ジェット機の質量を持った巨大ロボットとして実体化。これが蝿男の恐怖レザリオンである。

ちなみにビデオ戦士のビデオとは放送当時の電子ゲーム全般を意味する「ビデオゲーム」の意味。「ゼーガペイン」や「ウェブダイバー」、「デジモン」のような設定を昭和59年にやってしまった、20年以上早すぎた作品と言えよう。

シリーズ前半はリアルロボット的世界観の中に突如現れたスーパーロボット的な存在・レザリオンの八面六臂のチートな活躍ぶりが主体の作品だったが、後半は異性人の侵略者であるジャーク帝国(「絶対無敵ライジンオー」の敵とは同名だが無関係)と、敬のライバルであるギャリオの愛機ギャリオサバンとの対決という路線変更に迷走してしまった。それでも視聴率や玩具の売り上げが低迷してしまった為、「超電磁ロボコンバトラーV」より続いた東映本社(テレビ事業部)制作主導+バンダイ提供の八手三郎原作名義ロボットアニメ路線は打ち切りになってしまう。
引用元:ビデオ戦士レザリオンとは (ビデオセンシレザリオンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3