「コヨーテ・スターク」「グリムジョー・ジャガージャック」「アーロニーロ・アルルエリ」

066jvrvtgesrqb
次の漫画『BLEACH』に登場する
十刃(エスパーダ)と呼ばれる
破面を、体に刻印された数字が
小さい順に選びなさい
コヨーテ・スターク
バラガン・ルイゼンバーン
ティア・ハリベル
ウルキオラ・シファー
ノイトラ・ジルガ
グリムジョー・ジャガージャック
ザエルアポロ・グランツ
アーロニーロ・アルルエリ
29%

破面(アランカル)は、漫画『BLEACH』に登場する悪霊・虚(ホロウ)の上位種、及びその集団である。
本稿では、その概要、及び、関連する登場人物について記述する。
>死神の能力を手に入れようとする虚(ホロウ)の一団。また、仮面を外し死神の力を手に入れた虚そのものを指す。破面の成体は割れた仮面と白い死覇装(死神のそれと違い、様々なデザインが存在する)を身に纏い、自らの真の姿と能力を刀状に封印した「斬魄刀」を携えているのが特徴。
>破面に関連する用語には、スペイン語に関連した表現が使われており、例としては以下のようなものが挙げられる。
破面(アランカル/Arrancar)…剥ぐ
鋼皮(イエロ/Hierro)…鉄
十刃(エスパーダ/Espada)…剣
豹王(パンテラ/Pantera グリムジョーの斬魄刀)…豹
他、破面の番号、斬魄刀名は、今のところ全て【スペイン語】関連
>十刃(エスパーダ)[編集]
「数字持ち」の中から選抜された、特に優れた殺戮能力[4]を持つ十体の成体破面。殺戮能力が高い順に1から10(解放後のヤミーの話では0から9)のナンバーを与えられ、体のどこかに自分の数字の刻印がある。「数字持ち」の破面を『従属官(フラシオン)』として従える権限が与えられるなどの巨大な権力を持つが、その地位は力のみによって維持され、より力の強い者が現れると入れ替えになり、数字が下がるか後述の「十刃落ち(プリバロン・エスパーダ)」となるが、実力が付けば再び戻ることができる。現在の十刃の構成メンバーのほとんどがヴァストローデ級。
引用元:破面 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E9%9D%A2