「逢海日永」おうみにちなが『結界師』

119izhwdfbuqpf
次の文字列を順に選んで
漫画『結界師』に登場する
異能者たちの組織・裏会の
総帥の名前にしなさい
逢海日永(答)
おうみにちなが
33%

裏会(うらかい)とは、田辺イエロウの漫画『結界師』に登場する架空の組織である。

>逢海 日永(おうみ にちなが)
裏会の創始者にして、総帥。裏会の最深部の城に住まう王。夢路久臣(逢海月久)の兄。
かつて無道が裏会の最深部で出会ったという「圧倒的な存在」の正体。自分に幾度となく挑んできた無道を完膚なきまでにねじ伏せ、大きな嫉妬心を植え付けた。
精神支配系能力者であり、力のイメージとして海蛇を用いる。さらに他人の肉体を乗っ取る能力をも持ち、弟とともに幾度となく肉体を乗り換える事により、数百年の時を生きている(乗り換える相手は男性でなければ拒絶反応が出る。また、その異能者の能力も使えるため、乗り移る相手に異能者の男性を選ぶ)。
引用元:裏会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%8F%E4%BC%9A

『結界師』(けっかいし)は、田辺イエロウによる漫画作品である。『週刊少年サンデー』2003年47号から2011年19号まで連載された。結界師である主人公が、夜の学校を舞台に「結界術」を使い妖怪を退治していく物語。
平成18年度(第52回)小学館漫画賞少年向け部門受賞。2009年4月には累計1200万部突破した。

>400年続く妖(あやかし)退治の専門家、結界師一族の家に正統継承者として生まれた墨村良守(すみむらよしもり)。隣に住む雪村時音(ゆきむらときね)も良守と同じ結界師だが、両家は犬猿の仲。良守と時音が守っているのは妖を呼び寄せ、その力を高めてしまう烏森(からすもり)の地。2人は夜になると結界術を使い、烏森の地に建つ私立烏森学園に集まってくる妖を退治している。良守はかつて自らの失策により、時音が妖の攻撃から自分をかばい大怪我を負ってしまったことを後悔し、二度と時音や自分の周りの人々が傷つかないようにするため、強くなることを心に誓うのであった。
引用元:結界師 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E7%95%8C%E5%B8%AB