ろびこ『となりの怪物くん』

129xkieghagcba
漫画『怪物くん』の作者は
藤子不二雄Aですが
漫画『となりの怪物くん』の
作者は◯◯◯? ◯を答えなさい
ろびこ(答)
40%

『となりの怪物くん』(となりのかいぶつくん)は、ろびこによる日本の漫画作品。『デザート』(講談社)2008年10月号から2013年8月号まで本編が、2013年10月号から2014年1月号まで番外編が連載された。略称は「とな怪」。
単行本の累計発行部数は2013年8月時点で約450万部[1]。第34回(平成22年度)講談社漫画賞少女部門にノミネートされた。2011年5月13日発売の単行本第7巻特装版と、2012年3月13日発売の単行本第9巻特装版にてドラマCD化された。また、2012年にはテレビアニメが放送された。

>主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績を取ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみも乏しい。小学生時、クラスで飼っていたウサギが死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言をし、周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強の虫だった。
高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、入学式当日に流血事件を起こし、停学処分解除後も不登校を続ける問題生徒・吉田春(通称「ハル」)と知り合う。
引用元:となりの怪物くん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%80%AA%E7%89%A9%E3%81%8F%E3%82%93

bnelprnexpr
となりの席の吉田くんは入学初日の流血事件以来、一度も学校に来ない…。自分の成績と将来にしか興味がなかった水谷雫は、たまたまプリントを届けたため、その吉田春に勝手に友達認定されてしまう。しかも、春の純粋さを知って優しくすると今度は告白までされちゃって…!?
引用元:『となりの怪物くん(1)』(ろびこ)|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063655407

デザート(講談社)で連載中の人気作、ろびこ「となりの怪物くん」とタアモ「たいようのいえ」は、ともに10月13日に最新刊をリリースしたばかり。コミックナタリーではこの機に乗じて、気鋭の少女マンガ家ふたりが赤裸々に本音をぶつけ合う対談を敢行した。

話題はお互いのマンガ原体験から高校時代、マンガ家デビューと転がり出し、当初はシンパシーを温めあっていたふたりだが、次第に差異が際立っていく。違いは互いへの興味を呼び込んで、本音トークは夜更けまで続くのだった。

>──せっかくなので、ろびこさんも、どんなお話を描きたくて「となりの怪物くん」を立ち上げたのか、教えてください。

ろびこ 実は私も「疑似家族もの」を提案してたんですよ(笑)。父と娘の。でもその企画はボツになって、「じゃあワイワイ明るい楽しい感じで」って方向転換した結果、高校生が主人公でワイワイってなった。

タアモ でも、ワイワイ楽しく、だけじゃ、この主人公2人にはならないですよね?

ろびこ そうか、そうかもですね……。雫は連載の主人公だから、いちばん描きたい子にしたんです。すべてに対して距離を取っていて、どこか醒めてるような。

タアモ ハルくんは?

ろびこ ハルは……うーん(笑)。雫がそういう自分の世界以外を遮断しちゃってるような子なので、それを壊したり引っ掻き回してくれるような存在にしたいと思いました。予測不能で何をしでかすかわかんない人、みたいな。だけど彼の中にはちゃんと行動原理があるっていう。でも、いつもその彼なりの行動原理がわからなくなって、ネームでクドクドと悩むことになっちゃうんですけど。苦労させられっぱなしですね、主人公2人は。
引用元:となりの怪物くん&たいようのいえ (1/5) – コミックナタリー Power Push http://natalie.mu/comic/pp/tonarinotaiyo