『女王陛下のプティアンジェ』 『ハロー!サンディベル』英国

055plsrrhkvdom
次のうち
イギリスを舞台にしている
アニメを全て選びなさい
『女王陛下のプティアンジェ』(答)
『ハロー!サンディベル』(答)
『ラ・セーヌの星』
58%


次のうち
フランスを舞台にした
アニメを全て選びなさい
『ラ・セーヌの星』(答)
『ベルサイユのばら』(答)

030awRbtCe
031SdQYFgp
アニメ『ラ・セーヌの星』で
女剣士「ラ・セーヌの星」になる
花売り娘はシモーヌですが

ラ・セーヌとともに
戦う「黒いチューリップ」の
正体である貴族は?
ネヌマレモ
ベーシロル
ロベール(答)
28%
引用元:「シモーヌ(マリーの妹)」「ロベール」『ラ・セーヌの星』伊勢丹一社提供 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/27598/

『女王陛下のプティアンジェ』(じょおうへいかのプティアンジェ)は、1977年12月13日から1978年6月27日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビアニメである。日本アニメーションと朝日放送の共同制作。全26話。
>作品概要[編集]
19世紀中期、ヴィクトリア女王治下のイギリスを舞台とした物語。紛失した女王の装身具を見つけ出した功績により勅許の勲章を受けた、12歳の少女探偵アンジェ・アイリントンの活躍を描いている(ちなみにシャーロック・ホームズも同時代)。
日本アニメーション制作ということになっているが、実際には2年前にタツノコプロから独立したばかりであった葦プロダクション(2007年にプロダクション リードに改称)が制作している。
引用元:女王陛下のプティアンジェ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7

『ハロー!サンディベル』は、1981年3月6日~1982年2月26日の間、テレビ朝日系列で放送されていた東映動画制作のテレビアニメである。全47話、各話24分。

>少女サンディベルの成長を描いた、少女向けアニメーションである。
「キャンディ・キャンディ」「花の子ルンルン」「魔法少女ララベル」に続いて放映された。それまでの3作でチーフアニメーターを務めていた進藤満尾に代わりOHプロダクション出身の柳瀬譲二が起用され、「長くつ下のピッピ」の挿絵等の桜井誠のキャラクター原案を元にしたキャラクターデザインが行われている。前2作のような魔法を使う設定ではなく、純粋にひとりの少女の成長を描いた作品であり、シリーズ第1作の「キャンディ・キャンディ」のような少女大河ロマン回帰を目指した作品といえる。
サンディベル役の山本百合子は本作が声優デビュー作であり、挿入歌も歌う。山本は最初は主題歌及び副主題歌のオーディションを受けたが、不合格となり、声の出演として合格している。
ストーリーの構成上、スコットランドを主な舞台とした「スコットランド編」、ロンドンを主な舞台にした「ロンドン編」、新聞記者となりヨーロッパを回る「記者編」の3つのパートに分けることが出来る。
引用元:ハロー!サンディベル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC!%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%AB