『猿の軍団』『恐竜戦隊コセイドン』『スターウルフ』円谷プロ制作

053swlryybpchp
次のうち、円谷プロ制作の
特撮番組を全て選びなさい
『アイアンキング』 宣弘社
『猿の軍団』(答) 東映
『キャプテンウルトラ』
『ジャンボーグA』(答)
『スターウルフ』(答)
『恐竜戦隊コセイドン』(答)
27%

円谷プロダクション(つぶらやプロダクション)は、円谷英二が設立した日本の独立映像製作会社。
>バンダイナムコグループの資本参加[編集]
TYOによる内部的な組織改革などが進み、これらと平行して円谷プロダクションとは『ウルトラシリーズ』で強い縁を持つバンダイナムコグループが資本参加。2008年1月21日にTYOは持ち株のうち33.4%をバンダイナムコグループの子会社であるバンダイに譲渡売却。同年に森島恒行が辞任して制作統括の大岡新一が10代目社長に就任。2009年7月には更なる株式譲渡が行われており(現在のバンダイ持ち株比率は49%)バンダイナムコグループの円谷プロダクションにおける経営発言力は増加している。
そして、この間に円谷一夫は会長から名誉会長へ退き、その名誉職も2009年に退任となり、これで円谷家は円谷プロダクションの経営から一切排除されることとなった。
>フィールズの連結子会社化[編集]
2010年4月2日にTYOは保有する51%の株すべてをパチンコの開発販売会社のフィールズに売却して円谷プロダクションはフィールズの子会社となった[14][15]。
引用元:円谷プロダクション – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E8%B0%B7%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

『SFドラマ 猿の軍団』(エスエフドラマ さるのぐんだん)は、1974年10月6日から1975年3月30日までTBS系で毎週日曜日19:30 – 20:00に全26話が放送された、円谷プロダクション製作のSF特撮テレビ番組。
引用元:SFドラマ 猿の軍団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/SF%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E_%E7%8C%BF%E3%81%AE%E8%BB%8D%E5%9B%A3

『スターウルフ』は、SF作家エドモンド・ハミルトンによるスペースオペラ小説のシリーズ。
1978年には、日本において小説を原案とした特撮テレビ番組が制作された。
>テレビ番組[編集]
ここでは日本においてのものを記す。本作は英語版が作られ「逆輸出」された。
詳細は「:en:Star Wolf (TV series)」を参照
『スターウルフ』は、エドモンド・ハミルトンの小説を原案として、1978年(昭和53年)4月2日から同年9月24日まで読売テレビ制作、日本テレビ系で毎週日曜日19:00 – 19:30に全24話が放送された、円谷プロダクション製作、三洋電機グループ提供の特撮テレビ番組。
引用元:スターウルフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95

『円谷恐竜三部作』(つぶらやきょうりゅうさんぶさく)は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組『恐竜探険隊ボーンフリー』『恐竜大戦争アイゼンボーグ』『恐竜戦隊コセイドン』3作品の総称である。
『円谷恐竜三部作』のシリーズ名は、2013年に東映ビデオから全作のDVDが発売されるのに際してレーベル名として命名されたもの[1][2]。この他に『恐竜シリーズ』[1][3][4][5][6][7][8]、『円谷恐竜シリーズ』[9]、『恐竜三部作』[10]、『恐竜シリーズ三部作』[11]、『円谷プロ・恐竜シリーズ三部作』[12]などの表記が用いられている。
引用元:円谷恐竜三部作 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E8%B0%B7%E6%81%90%E7%AB%9C%E4%B8%89%E9%83%A8%E4%BD%9C