にたらずひそか「九十八密」山田恵庸(よしのぶ)『CHARON』主人公

126xwhirmlkqjg
山田恵庸の漫画『CHARON』の
主人公です
九十八密
にたらずひそか(答)
41%

『CHARON』(カロン)は、山田恵庸による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2013年42号[1]から2014年4・5合併号[2]まで連載された。

>あらすじ[ソースを編集]
時は2040年9月。日本の高校生・九十八密は特殊な能力を持っていたことから過酷な少年期を過ごすが、今は一般人として平穏な日々を過ごしていた。しかし、その日常はいきなり打ち砕かれる。ある日、密が目を覚ますと、そこには面識が無く国籍も性別もバラバラな17人の少年少女と共に、床も壁も天井も金属でできた謎の施設にいた。他の17人も拉致された理由などを知らない者が多かったが、ようやく黒幕と場所が判明する。黒幕は世界最大の宗教団体「クリータ教会」で、施設は宇宙船の内部だった。

>九十八 密(にたらず ひそか)
18番。本作の主人公。
一般人の高校生。性格はクールでぶっきらぼう。生まれついて宿った「神殺し」と呼ばれる念力を持つ。
父親は密の能力を気味悪がり疎遠で、母親は密の能力が原因となり心を病んだ末に全裸で自殺した。兄弟姉妹の有無は不明だが、母親の自殺以後は密の味方となる家族はいなかったらしい。
幼少時から家族や周囲から気味悪がられたために厭世的で、人類の救済なども全く興味は無い。能力を制御するコツは欲望を抑えることであるため、あらゆる面で我慢強い。また、幼少期に母親の死体を目撃したことから、女性への性的感情も特に示さない。
引用元:CHARON – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/CHARON

pyvsytnjrtd
「神の遺産」を手に入れるために宇宙に送り出された18人の少年少女たち。襲い来る「守護獣(ガーディアン)」、覚醒する「神の遺産」、そして九十八密(にたらずひそか)の「神殺しの力」とは‥‥!? 神と生命誕生の謎、クライマックス!!
引用元:『CHARON(2)<完>』(山田恵庸)|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063950168

山田 恵庸(やまだ よしのぶ)は、日本の漫画家。福岡県北九州市出身[1]。
>小学生時代、友人から車田正美の漫画『リングにかけろ』を読み、影響されて模写したことがきっかけで漫画家を目指す。高校時代に高橋留美子の漫画にも影響を受け、本格的に描き始める[1]。
土山しげる、いましろたかし[1]の元でアシスタントを経て、『二人ぼっち』でデビュー。その後、『マガジンSPECIAL』(講談社)で『EX 少年漂流』、『週刊少年マガジン』で『チャンバラ 一撃小僧隼十』、2008年から2013年まで『エデンの檻』を連載した。同年9月から『CHARON』の連載を開始したが、わずか3か月で終了した。その4か月後、『イブニング』2014年10号から『DEATHTOPIA』の連載を開始した[2]。
引用元:山田恵庸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%81%B5%E5%BA%B8