佐倉蜜柑「無効化」「盗み」「入れる」

032lwxcbsfjgdr

次のうち、漫画『学園アリス』で
主人公・佐倉蜜柑がもつアリスを
1つ選びなさい
炎のアリス 日向棗
盗みのアリス(答)
幻覚のアリス 飛田裕
アリスを入れるアリス(答)
読心術のアリス 心読み君
無効化のアリス(答)
悪霊使いのアリス 聖陽一
吸魂のアリス 小泉月(るな)
51%


cimg3432zxosepqrdwbk
「短編小説の女王」との異名を
もつ、2013年にノーベル文学賞を
受賞したカナダの女流作家は?
ンス・ロアーリマ
アリス・マンロー(答)
Alice Ann Munro
19%

『学園アリス』(がくえんアリス)は、樋口橘による日本の少女漫画作品、およびそれを原作とするアニメ作品、ゲーム作品。

>小さな田舎町で育った蜜柑と蛍は大の親友。なのに蛍は突然アリス学園に転校することになってしまった。蛍が転校したのは、潰れそうだった田舎の学校に学園からもらったお金を寄付して救い、蜜柑を悲しませないため。さらに、生徒たちの噂では、アリス学園は一度入学すると卒業するまで学園外には出られないという。それを知った蜜柑は、転校していった蛍を追いかけ単身東京へ。向かった蜜柑が辿り着いたのは、天賦の才能=『アリス』を持つ者のみが通える究極の一芸入学の学校、『アリス学園』であった。
鳴海のフェロモンのアリスが蜜柑に通用しないことから学園教師の鳴海にアリスの才能を見出された蜜柑はそのまま学園に入学するが、入ったクラスは学級崩壊状態。初等部B組のボスで、危険人物として恐れられる棗からは反感を持たれ、さらに学園外との接触は全て断たれるという苦難の日々が続く。しかし持ち前の明るさと根性、そして蛍を始めとする友人たちの協力で、蜜柑は次第に周囲の雰囲気を明るく変えていく。棗のために心を閉ざしていた流架や、反感を持たれていた棗さえも……。学園の暗部や出生の秘密に翻弄され、芽生え始めた恋心に戸惑いつつも、蜜柑の学園生活は続いていくのだった。

>佐倉蜜柑(さくら みかん)
声 – 植田佳奈
主人公。初等部B組→退学→高等部2年。10歳→17歳。5月?日生まれ。?座[1]。O型。身長138cm→149cm。体重33kg→39kg。京都府出身で、関西弁を話す。高等部校長の姪。
特別能力系。アリスストーンの色は蜜柑色。星階級はシングル。
使用するアリスは『無効化』で、他者のアリスを打ち消す。発動にはムラがあるが、フェロモン系のアリスには常時無効化が発動している様子。
後に、アリスを結晶化して出し入れができる『盗み』と『入れる』アリスを持つことが判明。
両親がアリスであり、前者は父・行平泉水、後者は母・安積柚香からの遺伝。
髪型は主にツインテール(本人曰く結んでいないと落ち着かない)。髪の色は母親と同じだが母の柚香とは違い、若干髪質はクセ毛気味。
顔は母親似だが性格や行動は父親似。
直接の描写はないが、蛍に「美少女は一緒にいると得」と言われたり、ある事件をきっかけに成長した際には、先輩に口説かれたりと中々の容姿の持ち主の模様。
天真爛漫な性格で『めげへん』『くじけへん』をモットーとしている他、じーちゃんの教えを常に忘れず律儀に守っている。
引用元:学園アリス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9

アリス・マンロー
Munro,Alice
1931年、カナダ・オンタリオ州の田舎町に生まれる。書店経営を経て、1968年、初の短篇集Dance of the Happy Shadesがカナダでもっとも権威ある「総督文学賞」を受賞。やがて国外でも注目を集め、ニューヨーカーに作品が掲載されるようになる。寡作ながら、三度の総督文学賞、W・H・スミス賞、ペン・マラマッド賞、全米批評家協会賞ほか多くの賞を受賞。おもな作品に『イラクサ』『林檎の木の下で』『小説のように』など。チェーホフの正統な後継者、「短篇小説の女王」と賞され、2005年にはタイム誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選出。2009年、国際ブッカー賞受賞。2013年、カナダ初のノーベル文学賞受賞。『善き女の愛』は1998年全米批評家協会賞受賞作。
引用元:アリス・マンロー | 著者プロフィール | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/writer/389/