「スロウス」『鋼の錬金術師』人造人間「高速移動」「怠惰」「右肩に紋章」 「竹田菁滋」毎日放送アニメプロデューサー『鋼の錬金術師』『SEED DESTINY』

017GeSTXKkfDk
『鋼の錬金術師』の登場人物
右肩にウロボロスの紋章
最速の高速移動
怠惰
エンヴィー
スロウス(答)
ラスト
プライド

CIMG3392onTalHXilErt
アニメの名物プロデューサー
『鋼の錬金術師』
『SEED DESTINY』では声優に挑戦
毎日放送
東不可止
大月俊倫
竹田菁滋(答)
諏訪道彦

「怠惰」の名を持つ5番目に造られた人造人間。右肩の後ろにウロボロスの紋章を持つ。
非常に物臭な性格で、口癖は「めんどーくせぇ」。動きや思考は鈍重であり、物事を深く考えない為、感情の起伏は乏しい。ホムンクルスの特徴の一つである基盤模様が顔の右半分にまで伸びており、隻眼になっている。
>ホムンクルスの中では一番の巨体(真の姿のエンヴィーを除く)。戦車でも押しのけられない程の怪力と、大量の砲弾を受けても物ともしない強靭さを持つ。しかしホムンクルスとしての真の固有能力は怪力や強靭さではなく、残像すら残さないほどの超高速移動である(その速さはアームストロング姉弟の二人でさえ視認はおろか反応さえ出来なかった程)。
引用元: スロウス – 鋼の錬金術師 Wiki – ウィキア.

「嫉妬」の名を持つ4番目に造られた人造人間。左脚の太腿にウロボロスの紋章を持つ。
顔立ちは中性的で身体は小柄。一見するとひょうきんだが、その本性は陰険かつ残忍。「お父様」には忠実だが、計画の範囲内であれば、より非道な演出も行う。
>ホムンクルスとしての固有能力は、外見を自在に変えられること。人間や動物はおろか、武器などの無生物に姿を変えられるが、自身の視覚情報を頼りに変身しているので、変身にミスが生じることもある(例:ロスに変身した際は、ロスには泣きボクロがある事まで注意を払っていなかったため、コピーし忘れた)。普段の姿も変身した姿であり、本来の姿は賢者の石を構成するクセルクセス人が全身から表出した四本腕・四本足の巨大なトカゲに似た化け物。
引用元: エンヴィー – 鋼の錬金術師 Wiki – ウィキア.

「色欲」の名を持つ2番目に造られた人造人間。胸元にウロボロスの紋章を持つ。
ウェーブがかった髪を持つ女でドレスのような服を纏っている。冷静沈着な知性派で、人を動かす術に長けている。単独行動も行うが、グラトニーと共に行動することも多く、グラトニーから慕われていた。ホムンクルスとしての固有能力は、指先を伸縮自在の鋭利な刃に変えられること。刃を自在に操り全てを貫く攻撃力から、この能力は「最強の矛」と呼ばれる。しかし、7人の中では特筆した身体能力はなく、賢者の石で再生できるとはいえ、油断から致命傷を負わされることも多かった。
引用元: ラスト – 鋼の錬金術師 Wiki – ウィキア.

「傲慢」の名を持つ人造人間。「お父様」が最初に創った「始まりのホムンクルス」。七人のホムンクルスの長男でありリーダー的存在。
その正体はセリム・ブラッドレイ。しかし、基本的な姿は「お父様」と同じ、巨大な影に無数の目や口が備わったような、不定形の「容れ物の中でしか生きられない生命体」である。「容れ物」であるセリムの外見年齢は±5歳程度までなら上下させることができる。
ホムンクルスとしての固有能力は、影としての本体を自由自在に操ること。本体から自在かつ俊敏に伸縮させることが可能で、形状を薄く変化させることによる斬撃や、備わった無数の口による咀嚼といった物理的な攻撃を繰り出し、並の防壁を意に介さない攻撃力を持つ。視覚器官も備わっているために射程も非常に長く、超広範囲に渡る探索なども可能としている。
引用元: プライド – 鋼の錬金術師 Wiki – ウィキア.

竹田 靑滋(たけだ せいじ、1960年 – )は毎日放送(MBS)の東京支社東京制作室エグゼクティブ[1]兼プロデューサー。奈良県出身。
視聴者からの通称は「竹P」(たけぴー)。
>2002年に放送された『機動戦士ガンダムSEED』、2003年に放送された『鋼の錬金術師』以降は、MBS製作アニメ作品のプロデューサー・企画・エグゼクティブプロデューサーなどを務めている。
なお、『SEED DESTINY』では関西弁を話す、竹田に似たキングT@KED@(キング タケダ)というキャラクターが存在し、その声優を担当した。『鋼の錬金術師』(第1作)の第13話にも、竹田に似たモブキャラが出ている。
引用元: 竹田青滋 – Wikipedia.