ロクシアーヌク連邦『一つの大陸の物語シリーズ』

006rhxgnywxsej
時雨沢恵一の小説
『一つの大陸の物語シリーズ」で
ベゼル・イルトア王国連合との間
で戦争状態だった連合国家は?
邦ヌクアロクー連シ
ロクシアーヌク連邦(答)
21%

CIMG9268lpkaivfpFFgh
飯塚武史名義でゲーム『サモン
ナイト』のキャラデザも担当して
いる、小説『キノの旅』の挿絵で
おなじみのイラストレーターは?
宙暗黒白星
黄紫紅蒼銀
黒星紅白(答)

◯×
アニメ『キノの旅』で主人公キノと旅をする言葉を話すバイクの名前はエルメスである
◯(答)
×シャネル

◯×
時雨沢恵一の小説「キノの旅」でシズに飼われている しゃべる犬の名前は陸である
◯(答)
×海
引用元:『サモンナイト4』竜の子「リューム」「ミルリーフ」「コーラル」 『サモンナイト2』マグナとトリス『サモンナイト3』レックスとアティ『サモンナイト4』ライとフェア『サモンナイト5』フォルスとアルカ 「鬼妖界」シルターン「幻獣界」メイトルパ 「黒星紅白」『キノの旅』挿絵『サモンナイト』キャラデザ http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/19766/

『一つの大陸の物語シリーズ』(ひとつのたいりくのものがたりシリーズ)は、電撃文庫から発行されている時雨沢恵一のライトノベル作品のシリーズ。「一つの大陸」に存在する二つの連合国を舞台にしている。
2002年のシリーズ最初の作品である『アリソン』が刊行され、2002年から2004年にかけて『アリソン』シリーズが完結。その後、『アリソン』シリーズと世界観を共有する続編『リリアとトレイズ』シリーズが2005年から2007年にかけて刊行され、またその続編『メグとセロン』シリーズが2008年から2012年にかけて刊行された。そして2013年、シリーズの完結編となる『一つの大陸の物語』の上下巻が刊行され、上巻のあとがき内でシリーズの総称が『一つの大陸の物語シリーズ』に決定したことが説明された。
2008年には『アリソン』と『リリアとトレイズ』を原作としたテレビアニメ『アリソンとリリア』が放送された。同作品についても本記事で解説を行う。

>国家・地名[編集]
ロクシアーヌク連邦[編集]
通称ロクシェ。以降もそう記述する。
ルトニ河の東岸に位置する、14の国と2つの特別地域の連合体。物語はほとんどロクシェにて展開する。
約200年前に成立した。セロンの槍と呼ばれる文様が正式紋章。名前の後に姓が来る。公用語のロクシェ語は、首都特別地域の周辺の文字と言葉を基にした人工言語。かつては構成国それぞれの国の言葉があったが(イクス語、カスナ語、ラプトア語など)、現在ではすべて廃れている。またそれぞれの構成国は独自の警察機構を持ち、国境をまたいだ事件には連邦警察が対応する。車は右側通行で運手席は左側にある。免許は二輪が14歳、四輪が16歳から取得できる。飲酒は二十歳から可能。個人での武器所有が認められている。
現在判明しているロクシェ構成国・地域は以下の通り。
引用元:一つの大陸の物語シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%99%B8%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA