「松村しのぶ」海洋堂の原型師「チョコエッグ日本の動物シリーズ」

058KpIflbZKIEP
フィギュア造形師
海洋堂に所属
チョコエッグ
動物フィギュアの第一人者
松村しのぶ(答)
竹谷隆之
岡元健三
韮沢靖


フィギュア造形師
クリーチャーデザインでも活躍
『ゴジラ FINAL WARS』
『仮面ライダー剣』『電王』
韮沢靖(答)

連想
フィギュア造形師
海洋堂に所属
「リボルテック」シリーズ
アクションフィギュアの第一人物
山口勝久(答)

連想
フィギュア造形師
作品集『漁師の角度』
『牙狼-GARO-』にも参加
「S.I.C」シリーズ
竹谷隆之(答)

連想
フィギュア造形師
造形工房を主宰
ゴジラ造形の第一人者
バンダイの食玩『ゴジラ全集』
酒井ゆうじ(答)

CIMG2107IgXjkgxYRlLv
2004年にメディアワークスが
発行した,フィギュア付きの本は
『週刊わたしの◯◯◯◯◯◯』?
◯を答えなさい
おにいちゃん(答)
『週刊わたしのおにいちゃん』

CIMG3539vmOwRCHBXeBd
2009年夏から
ワンダーフェスティバルが
開催されているのはどっち?
Aの画像 東京ビッグサイト
Bの画像(答)幕張メッセ

松村 しのぶ(まつむら しのぶ、1962年 – )は、モデラー、海洋堂の原型師。動物や恐竜などのネイチャーフィギュアの第一人者。山口県下松市出身。
イラストレーターとして、動物図鑑などの挿絵の仕事をしていた。
>環境保護団体に所属していた時期には、イラストレーターとして動物のイラストで活躍していたが、海洋堂が恐竜のフィギュアを出していたことで、原型を持ち込み採用される。90年代には海洋生物の完成品フィギュア「AQUALAND」シリーズを中心に動物や恐竜などのレジンモデルの原型を手がけていた。海洋堂の恐竜モデルは世界的に認められ、1991年にニューヨーク自然史博物館の依頼で恐竜モデルを製作した。1999年から始まった「チョコエッグ日本の動物シリーズ」は種類の選考から造型、監修まで全て手がけ、食玩ブームを起こす。動物のフィギュアの他に特撮作品の怪獣や大魔神、エヴァンゲリオン初号機といったキャラクター物の原型も手がけるが、特に怪獣の場合は基本的に生物的にアレンジした造型である。尚、本人はフィギュアや模型業界について特に関心はなく「自然の中の物を世間に広めたいというアピール」であるとしている。
引用元:松村しのぶ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9D%91%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%B6

韮沢 靖(にらさわ やすし、1963年8月26日[1] – 2016年2月2日)は、造型師、キャラクターデザイナー、イラストレーター。新潟県栃尾市(現長岡市)出身。中越高等学校卒業。血液型はO型。
>小林誠のアシスタントを経て[2]、1987年に雑誌『HOBBY JAPAN EXTRA』に小林デザインのマラサイをキット改造で製作しデビュー。フィギュアの原型を雑誌に掲載、映画では『ゴジラ FINAL WARS』などにキャラクターデザイナーとして参加。
2004年、前年の『仮面ライダー555』のクリーチャーデザインを担当していた篠原保の紹介により『仮面ライダー剣』のクリーチャーデザイン(アンデッドデザイン)で特撮作品に初参加。そのデザインを高く評価され、2006年にアンデッドデザイン画集「UNDEAD GREEN BLOOD」発売に至った。また東映プロデューサー・白倉伸一郎にもそのデザインを評価され、2006年の『仮面ライダーカブト』、2007年の『仮面ライダー電王』のクリーチャーデザインを担当した。2009年には『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』に登場する、悪役の「ゴルドラ」「シルバラ」のデザインを手掛ける。
引用元:韮沢靖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%AE%E6%B2%A2%E9%9D%96

竹谷 隆之 (たけや たかゆき、1963年12月10日 – )は日本のフィギュア造形作家。北海道出身。雨宮慶太監督作品の造形美術を担当していることで知られる。
>漁師の家に生まれ、粘土細工やプラモデル製作で遊ぶという幼少期を過ごす。阿佐ヶ谷美術専門学校に進学し、グラフィックデザインを専攻。クラスメイトには寺田克也などがいた。寺田の絵があまりに上手いため造形の道へ進んだという。専門学校在学中に製作した初のスクラッチビルド作品を西荻窪の模型店に展示したことをきっかけに小林誠と知り合う。小林に師事し、そこで造形仲間の韮沢靖と出会うことになる。専門学校卒業後、小林の誘いを受けモデルアート社に入社。月刊モデルアートの編集の仕事に従事。並行して博覧会等の展示映像用立体物の製作などを請け負っていたが、造形の仕事が多忙になりフリーランスとなる。寺田の紹介により雨宮慶太の映画『未来忍者』に参加。以後、雨宮作品の多くで造形美術を担当する[1]。
高いレベルの造形力と、氏独自の解釈で描かれるデザイン力が評価されている。特に有機的なメカニック・デザインやクリーチャー作品を得意とする。オリジナル作品集『漁師の角度』のほか、『仮面ライダーシリーズ』、『ファイナルファンタジーシリーズ』のフィギュア原型を担当。『牙狼』など特撮作品の美術デザインにも参加している。
引用元:竹谷隆之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E8%B0%B7%E9%9A%86%E4%B9%8B

山口勝久(やまぐち かつひさ)は、日本のモデラー(原型師)で、模型メーカー海洋堂所属。現在は主に、完成品アクションフィギュア『リボルテック』シリーズの多くの原型製作・設計を担当する。
>従来のアクションフィギュアは、「可動範囲こそ自由ではあるものの、アニメや映画の中のような迫力あるポーズにはなりにくい」という難点があった。これに着目した山口は「重点的に可動させたい場所だけを大胆にカットして関節を仕込み、それ以外はあえて切り捨てる」という、それまでとは逆の手法によって、キャラクターのイメージどおりのポージングが容易に決まる可動方法を考案した。
この斬新な可動システムを組み込んだアクションフィギュアは「山口式可動」として一躍脚光を浴び、とりわけ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの成功は、山口の名を業界に知らしめる事となった。
引用元:山口勝久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E5%8B%9D%E4%B9%85