機動戦士クロスボーン・ガンダム「DUST」 Vガンダム後を描いた作品

177InvaGgmvHDl
2016年より連載を開始した、宇宙
世紀0169年を描く、長谷川裕一の
漫画は『機動戦士クロスボーン・
ガンダム◯◯◯◯』?
UDISL
EYFRT
DUST(答)
0%

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(きどうせんしクロスボーン・ガンダム、MOBILE SUIT CROSS BONE GUNDAM)は、富野由悠季原作、長谷川裕一作画の漫画作品。『月刊少年エース』に1994年から1997年まで連載。本項では続編作品も併せて記述する。
>ガンダムシリーズの中ではアニメ映画『機動戦士ガンダムF91』の続編に当たり、ベラ・ロナを中心として再興した宇宙海賊クロスボーン・バンガードと、木星圏を根城とする木星帝国(ジュピター・エンパイア)との戦いを描く。
他のガンダムシリーズを起点にした漫画では原作者の肩書きだけであった富野由悠季が、初めて漫画制作に本格的に携わった作品である(コミックスの著者近影欄にも全冊コメントを寄せている[1])。登場人物による「目が二つあってアンテナが生えていればマスコミが全部ガンダムにしてしまう」との世間のガンダム観を皮肉ったような台詞があるが、これを言わせるよう指示したのが富野自身であると長谷川が枠外に記載している。また、内容的にも富野がガンダム製作以前に関わっていたスーパーロボットアニメに近い作品である。

>機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST[編集]
『ガンダムエース』2016年6月号にて連載の告知が発表され、2016年9月号より連載開始。『クロスボーン・ガンダム ゴースト』後の時代となる宇宙世紀0169年を描く。
引用元:機動戦士クロスボーン・ガンダム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

2016年から月刊ガンダムエースで連載される「機動戦士クロスボーンガンダムゴースト」の続編作品。
これまで各種メディアで取り上げられる事のなかった「機動戦士Vガンダム」のその後を本格的に描いた初の作品でもあり、地球連邦が本格的に衰退しスペース・コロニー同士の覇権争いの活発化した「宇宙戦国時代」を舞台とする。
また、本作は長く続いた戦乱によって技術力が低下し、新型機の開発・量産が困難となったという設定の下、整備性に優れる旧世代のモビルスーツが戦場跡から回収・修復され運用されており、作中には一年戦争からザンスカール戦争までに登場した様々な時代の機体が活躍する。
引用元:機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST (きどうせんしくろすぼーんがんだむだすと)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0DUST