「のん」アニメ映画『この世界の片隅に』すず役

003LFJLqQaQDxm
2016年11月公開のアニメ映画
『この世界の片隅に』で
主人公の声を演じる女優は◯◯?
◯を答えなさい
のん(答)
12%

『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 – 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻が発売。
第13回(2009年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!』(フリースタイル)第1位。『ダカーポ特別編集 最高の本! 2010』(マガジンハウスムック)マンガ部門第1位。
>あらすじ[編集]
1944年(昭和19年)、絵が得意な少女浦野すずは広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぐ。戦争で物資が不足する中、すずは不器用ながらも懸命にささやかな暮らしを守るが、軍港の呉はたびたび空襲を受けるようになり、1945年(昭和20年)6月、すずも爆風で右手首から先を失う。見舞いにきた妹のすみからお祭りの日に帰ってくるよう誘われるが、その当日8月6日、呉では閃光と轟音が響き、広島方面からあがる巨大な雲を見る。8月15日、ラジオで終戦の詔勅を聞いたすずは、今まで信じていた日常を裏切られたくやしさで泣き崩れる。翌年1月、すずはようやく広島市内に入り、祖母の家に身を寄せていたすみと再会。両親は亡くなり、すみには原爆症の症状が出ていた。廃墟となった市内で、すずはこの世界の片隅で自分を見つけてくれた周作に感謝しながら、戦災孤児の少女を連れて呉の北條家に戻るのだった。

>同名の劇場アニメが、2016年11月12日公開予定[1]。片渕須直が監督・脚本を務める。
片渕自身がこの作品のアニメーション映画を企画し、こうのに許諾を請う手紙と自作『マイマイ新子と千年の魔法』のDVDを送った。こうのは1996年に放送された片渕のテレビアニメ『名犬ラッシー』にあこがれ、「こういう人になりたい、こういうものが作りたいと思う前途にともる灯」として捉えていたため、この手紙を喜び枕の下にしいて寝たという[2][3]。
>声の出演[編集]
すず – のん[1]
周作 – 細谷佳正[10]

引用元:この世界の片隅に – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB

能年 玲奈(のうねん れな、1993年7月13日[3] – )は、日本の女優、ファッションモデル。本名、同じ。
2016年7月より、芸名をのんに変更して活動することを表明[4][5]。報道などではのん(本名:能年玲奈)などのように表記される場合がある[6]。
兵庫県神崎郡神河町出身[7]。

>翌2016年6月末をもってレプロエンタテインメントとの契約が終了すると[31][32]、2016年7月にレプロエンタテインメントとの契約が終了すると報じられ[33]、同月15日発売の『FRIDAY』の取材で久しぶりにメディアの取材を受け、芸名を「のん」に改名する事を発表[4]。同月21日発売の『週刊文春』では、自身が代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立したと報じられた[34]。
引用元:能年玲奈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E5%B9%B4%E7%8E%B2%E5%A5%88