ジャンプ連載『心理捜査官草薙葵』『てんぎゃん南方熊楠伝』『瑪羅門の家族』

264zjKYPPz
次のうち
「週刊少年ジャンプ」に連載
された漫画を1つ選びなさい
心理捜査官 草薙葵(答)
てんぎゃん-南方熊楠伝-(答)
パスポート・ブルー「週刊少年サンデー」
瑪羅門の家族(答)
どっきんロリポップ「週刊少年マガジン」
無頼伝 涯「週刊少年マガジン」
泣くようぐいす「週刊少年マガジン」
ラグナロック・ガイ「週刊少年サンデー」
56%

『心理捜査官 草薙葵』(しんりそうさかん くさなぎあおい)は、月島薫による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1996年33号より1997年5・6号まで連載された。単行本(ジャンプ・コミックス)全3巻。
>『週刊少年ジャンプ』1995年35号にて、第2回『黄金の女神像争奪ジャンプ新人海賊杯』の参加作品として『心理捜査官 三島清人』のタイトルで読み切りが掲載される。コンテストに出品された4作品の中で、第2位を獲得し、タイトルを『心理捜査官 草薙葵』に変えて連載となった。
引用元:心理捜査官 草薙葵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E7%90%86%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E5%AE%98_%E8%8D%89%E8%96%99%E8%91%B5

『てんぎゃん -南方熊楠伝-』(てんぎゃん みなかたくまぐすでん)は、岸大武郎による日本の漫画。
>『週刊少年ジャンプ』(集英社)1990年50号から1991年10号まで連載された。単行本はジャンプコミックスデラックスより全1巻。粘菌学者南方熊楠の幼少時代から青年期のアメリカ時代にかけてを描いている。実録漫画ではあるが、タイトルの一部にもなっている天狗との邂逅など神秘的な要素も取り入れている。また登場人物の台詞に方言、当時の名詞が多用されているのも大きな特徴である。
引用元:てんぎゃん -南方熊楠伝- – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A6%E3%82%93%E3%81%8E%E3%82%83%E3%82%93_-%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0%E4%BC%9D-

『瑪羅門の家族』(ばらもんのかぞく)は、宮下あきらによる日本の漫画作品。
>「聖なる力(チャクラ)」と呼ばれる能力を駆使して、法では裁けない悪を裁く事を家業とする瑪羅門の一族の物語である。前半は一話完結型の復讐劇、後半は敵対勢力で「邪の力」を使って世界征服を企む魔修羅一族との戦いを描いている。
引用元:瑪羅門の家族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%91%AA%E7%BE%85%E9%96%80%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F