「中間」徹と「加藤」浩志『ビー・バップ・ハイスクール』

125chthKxm
126pWxyLZv
ヤンキー漫画『ビー・バップ・
ハイスクール』で、主人公
トオルの本名は中間徹ですが

ヒロシの本名は◯◯浩志?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
かとう(答)
「加藤浩志」
40%

順番当て
次の映画『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズの副題を公開された順に選びなさい
『高校与太郎哀歌』
『高校与太郎行進曲』
『高校与太郎狂騒曲』
『高校与太郎音頭』

『ビー・バップ・ハイスクール』(BE-BOP-HIGHSCHOOL)は、きうちかずひろの漫画。1983年から2003年まで「週刊ヤングマガジン」で連載されていた。単行本全48巻。
>ツッパリダブリコンビのヒロシとトオルがケンカに恋に明け暮れる様を描く。主人公が突出して強い存在ではない点や、不良高校生の日常が伝わってくる初期の描写が人気を博した。20巻位までは登場人物達の恋愛話や他校との抗争などがメインだったが、20巻台以降は小咄的なギャグ短編が多くなった。きうちによれば、ケンカの話を進めていくと最終的には日本一、ひいては世界一・宇宙一強い不良との対決を描かざるを得ない事になり、そうした展開にはしたくなかったからと話している。
>中間徹(トオル)
声 – 立木文彦/中村悠一
愛徳高校2年C組21番→2年F組14番(ダブリ)。能天気で短気。ヒロシに比べ硬派で面子を重んじ、真正面からのケンカがモットー。直毛で長め、前髪を数本前に垂らしたリーゼント。翔子という中学生の彼女がいるが、長い間おあずけを食らっている。
>加藤浩志(ヒロシ)
声 – 小野坂昌也/吉野裕行
愛徳高校2年C組7番→2年F組5番(ダブリ)。スケベでひょうきんな軟派野郎。口が上手く頭の回転が速い。ケンカの強さはトオルと互角だが、時には卑怯な手段も辞さない。強敵とのタイマンでは初戦で敗れ、2戦目でリベンジというパターンが多い。リーゼントパーマ。
引用元:ビー・バップ・ハイスクール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB