吉田戦車『殴るぞ!』『戦え!軍人くん』

079SFKgJGO
次のうち、吉田戦車の漫画を
全て選びなさい
『殴るぞ!』(答)
『江戸むらさき特急』 ほりのぶゆき
『戦え!軍人くん』(答)
『ぷりぷり県』(答)
『いじめてくん』(答)
『伝染るんです。』(答)
54%

吉田 戦車(よしだ せんしゃ、1963年8月11日 – )は、日本の漫画家。本名非公開[1]。岩手県水沢市(現:奥州市)出身。第37回文藝春秋漫画賞受賞。妻は漫画家の伊藤理佐(お互いに再婚)[2]。元サッカー日本代表監督イビチャ・オシムの通訳を務めた千田善は従兄。
>〈不条理ギャグ〉[編集]
マンガ解説者の南信長は著書[3]において、吉田戦車の作風が〈不条理ギャグ〉というジャンルの確立に寄与し、他の漫画家とともに1990年代前半の〈不条理ギャグ〉ブームを支えたとしている。
引用元:吉田戦車 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%88%A6%E8%BB%8A

BnmfuMo
殴るぞ! 1巻
吉田戦車
●主な登場人物/和歌子(ドジなところもご愛敬、のミニサイズなお手伝いさん。かわうそ型)、ダンナ(和歌子の雇い主。暴君というわけではないらしい)、麦仁郎(ダンナの家の庭師の老人)、フィジカル君(体質改善と肉体改造に情熱を燃やす幼児)、オペ途中先生(オペ以外の何かを優先させてしまう外科医。腕前は不明)、犬(大人の気配りができる雑種犬)●本巻の特徴/老若男女、森羅万象、ゆりかごから墓場まで無差別同時に繰り出される、シュール4コマのボディーブロー。さあ、準備はOK? あ、別に痛くはないです。
引用元:殴るぞ! 1巻 吉田戦車 – コミック小学館ブックス 公式配信 https://csbs.shogakukan.co.jp/book/detail-volume?comic_id=15616

fliAhnL
戦え! 軍人くん
吉田戦車
>火星まで戦争しに行くことになった軍人くんこと吉田一等兵の隊には、
主婦の石井上等兵や死神中佐、そして「へんなやつ」がいた…。
吉田戦車「火星シリーズ」の原点、全1冊完全版。
引用元:戦え! 軍人くん(デジタルコンテンツ) – 太田出版 http://www.ohtabooks.com/publish/2015/01/16124239.html