シャクティ「神甲冑」『天空戦記シュラト』 サンスクリット語「能力」

058LapWHWe
アニメ『天空戦記シュラト』で
神将がまとう鎧は?
神甲冑
シャクティ(答)
46%

天空戦記シュラト』(てんくうせんきシュラト)は、タツノコプロ製作による日本のテレビアニメ。1989年4月6日から1990年1月25日まで毎週木曜19:00 – 19:30の時間帯においてテレビ東京系列で放送された。全38話(+総集編2話)。また、ダイジェスト版のOVA「天空界メモリアルズ」と新ストーリーのOVA「創世への暗闘」がそれぞれ6巻出版されている。
2003年に、バンダイビジュアルから「天空戦記シュラト MEMORIAL BOX」全2巻発売(OVA「創世への暗闘」のみ未収録)。
>異世界で「神甲冑(シャクティ)」という鎧を装着した多くの若者が入り乱れて激闘を繰り広げる、異世界ファンタジーや青春群像劇の要素を持つ格闘アクション作品。
1986年から足掛け3年にわたりテレビアニメが放映され商業的に大成功した『聖闘士星矢』の影響下にある、いわゆる“バトルスーツもの”“装着もの”の「美少年アニメ」として、前年の1988年にサンライズが制作した『鎧伝サムライトルーパー』などと共に知られる作品であり、奥田万つ里のデザインによる多数の美形キャラクターが女性層を中心として人気を集めた。
>格闘好きな高校生として生活していた日高秋亜人(シュラト)と黒木凱(ガイ)。だが、2人は空手の試合中、大きな光に包まれた。一人目を覚ましたシュラトは、調和神ヴィシュヌから、ここは人間界とは異なる世界「天空界」であり、自分はもともと天空界の住人で1万年以上も前の大戦で命を落とした八部衆の一人「修羅王」であったと聞かされる。
引用元:天空戦記シュラト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%88

シャクティ
Śakti

サンスクリット語で,力,能力を意味する。特にヒンドゥー教の一部では,この語が女性名詞でもあるので,シバ,ビシュヌなどの最高神の性力,女性的原理として考えられ,ときに最高神の配偶神と同一視される。
引用元:シャクティ(シャクティ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3-75833

シャクティは、√śak(できる)の過去分詞 śakta(できた)の女性形で、「能力、力、威力」。
食べる力、消化する力、考える力、上手に踊る力、クルマの走る力、権力、財力、武力……などあらゆる「力」がシャクティなのですが、タントラは、そこから「力の原理」という純粋観念を抽出し、名詞の性にしたがって「女神」として擬人化しました。つまり、無数の「力」を総括する、あらゆる様相のもとに顕現する力の原理そのものが、ドゥルガーに代表される“シャクティ”という女神なのです。
引用元:バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ:シャクティ śakti शक्ति【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】 http://itotakeshi.blog33.fc2.com/blog-entry-63.html