『ファイトだ!!ピュー太』ムロタニ・ツネ象『ドクター・ツルリ』原作のアニメ

092uxpkCuq
1968年放送のアニメ
原作者はムロタニ・ツネ象
漫画『ドクター・ツルリ』が原作
ジャンク屋の少年が主人公
『ファイトだ!!ピュー太』(答)
『珍豪ムチャ兵衛』
『ハッスルパンチ』
『かみなり坊やピッカリ・ビー』
57%


1968年放送のTVアニメ
原作者はちばてつや
漫画『みそっかす』が原作
ヒデパロという弟分がいる
あかねちゃん(答)

『ファイトだ!!ピュー太』(ファイトだ ピューた)は毎日放送の製作によりNETテレビ(現:テレビ朝日)系で放映されたテレビアニメ。1968年4月6日 – 9月28日、毎週土曜19時30分 – 20時に放映。全26話。雪印乳業(現:雪印メグミルク)の一社提供。
>ムロタニ・ツネ象の漫画『ドクター・ツルリ』(週刊少年サンデー連載)をテレビアニメ向けに脚色した作品。発明が得意な主人公・今野ピュー太が祖父のツルリ博士と共に毎回変わったメカを開発し、ライバルの発明家・ワルサー7世とその助手・ブレーキのコンビと対決する。
反戦、水爆、米ソ問題、土地買収問題とデモ、アメコミ、サイケデリックアートなどの世相風俗をはじめ、洋画作品やアニメ作品のオマージュやパロディ、或いは動画をコマ送りしなければ分からないような一瞬のギャグが取り入れられるなどした。
>関西地区では1970年代初頭まで繰り返し再放送されていたが、関東地区では再放送の機会は少なかった。その後フィルムが行方不明となっていたが、1990年に『おそ松くん』(第1作)、『かみなり坊やピッカリ・ビー』と共に毎日放送千里丘スタジオにあるフィルム保管倉庫から発見され、第10話「南太平洋メチャクチャ大戦争」が、『かみなり坊やピッカリ・ビー』とのカップリングで毎日放送開局40周年記念のビデオソフトとして発売された。なおオープニング映像に関しては、これより前の1989年にハミングバードから発売された『マニア愛蔵版 懐かし〜いTVアニメテーマコレクション』 (VHS・LD) にも収録されている。
引用元:ファイトだ!!ピュー太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%A0!!%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E5%A4%AA

ムロタニ ツネ象(むろたに つねぞう、本名:室谷 常蔵、1934年 – )は、日本の漫画家。ギャグ漫画を主として発表してきたが、歴史漫画、学習漫画、SF漫画、恐怖漫画も執筆している。
>代表作 『漫画日本史』
『かみなり坊やピッカリ・ビー』(原作)
『ファイトだ!!ピュー太』(原案)
他多数
引用元:ムロタニツネ象 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%84%E3%83%8D%E8%B1%A1

『珍豪ムチャ兵衛』(ちんごうムチャべえ)は、週刊少年マガジンに連載された森田拳次の漫画作品、またそれを原作として、日本国内で20世紀に最後に放送された白黒テレビアニメである。
>1971年2月15日から3月22日までTBS系で放送。全26回(49話)。1968年にモノクロで制作されたが、当時テレビが全面カラー化を控える中で「今さらモノクロ作品はどうか」とお蔵入りになったという。だが3年後、殆どのテレビ番組がカラー化された中で突如日の目を見た。今作を最後に、日本のテレビアニメは全てカラーへ移行した[1]。
引用元:珍豪ムチャ兵衛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%8D%E8%B1%AA%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A3%E5%85%B5%E8%A1%9B

『ハッスルパンチ』は、1965年11月1日から1966年4月25日までNET(現・テレビ朝日)系列局で放送されていた東映動画制作のテレビアニメである。全26話。
>熊のパンチ、鼠のタッチ、イタチのブンが、悪役であるガリガリ博士とドタバタを繰り広げるコメディ作品である。主人公3人の名前はアンタッチャブルに由来する[1]。
引用元:ハッスルパンチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%81

『かみなり坊やピッカリ・ビー』(かみなりぼうやピッカリ・ビー)は、1967年4月1日 – 1968年3月30日にかけて、土曜19時30分 – 20時に毎日放送ほかで放映されたテレビアニメ。全53話。ただし、後半3 – 4クールの放送では新たに制作されたのはAパートのみで、Bパートでは前半1 – 2クールのエピソードを放送していた[1]。
雪印乳業(現:雪印メグミルク)の一社提供。
>漫画雑誌『少年サンデー』に連載された、ムロタニツネ象原作の『ビリビリ・ビート』をアニメ化した作品である。しかし数回しか再放送されず、その後フィルムの所在も行方不明となっていたが、1990年に『おそ松くん』、『ファイトだ!!ピュー太』と共に毎日放送千里丘放送センターにあるフィルム保管倉庫から発見され、「ファイトだ!!ピュー太」とのカップリングで毎日放送開局40周年記念のビデオソフトとして発売した。
>ムロタニの弁によれば、後作品である『ファイトだ!!ピュー太』よりも同作品の方が自分の作品に近いと言うことであるが、主人公のビーをもう少し悪い子にすれば良かったと述べている。[3] 結果的に視聴者層が小学生低学年までに絞られてしまったために、『ファイトだ!!ピュー太』では、世相や流行を始め、スラップスティックギャグをふんだんに取り入れた作品となっている。
引用元:かみなり坊やピッカリ・ビー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%8A%E5%9D%8A%E3%82%84%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC