「大阪城」バルゴンが凍らせる ガメラ対ジャイガーが対決

244gRsrqMR
バルゴンに凍らされた
ガメラとジャイガーが戦った
ゴジラとアンギラスに破壊された
ゴモラに破壊された
(画像選択肢)
A渋谷109
B大阪城(答)
C通天閣
D東京タワー
63%

CIMG5284
次の建造物と、それが破壊された
『ゴジラ』シリーズの作品名の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A大阪城───ゴジラの逆襲
B名古屋城───モスラ対ゴジラ
C松本城───三大怪獣 地球最大の決戦
引用元:「犬山城」織田信長が築いた別名「白帝城」 城の築城順「姫路城」「会津若松城」「小田原城」「犬山城」「松本城」「丸岡城」「大阪城」「和歌山城」「広島城」「熊本城」「名古屋城」『姫の青犬まん丸尾は引くな』 「平山城」姫路城「平城」二条城「山城」竹田城 「梯郭式」会津若松城「螺旋式」姫路城 『三大怪獣 地球最大の決戦』松本城『ゴジラの逆襲』大阪城『モスラ対ゴジラ』名古屋城 http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/7056/

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(だいかいじゅうけっとう ガメラたいバルゴン)は、大映東京撮影所が製作し、1966年(昭和41年)4月17日に公開された日本の特撮映画作品。「ガメラシリーズ」の第2作。同時上映は『大魔神』。総天然色、大映スコープ、101分。
>冷凍怪獣 バルゴン[編集]
体長:80メートル
体重:70トン
ニューギニアの孤島にある魔境“虹の谷”に隠されていたオパールに似た卵から誕生した、現地で「千年に一度誕生する」と言い伝えられている伝説の怪獣。鼻先から前方へ伸びる大きな角を持つワニとオオトカゲを合わせたような外見の四足歩行生物である。
>カメレオンのような長い舌を持ち、人間に巻きつけて捕捉したり、建造物を破壊することもできる。先端からは零下100度の霧状の冷凍液を噴射し、この冷凍液で大阪城および市街地とガメラを凍結させる。噴射直後にはバルゴンの歩き回った周辺が凍結することもあり、料亭旅館やその周辺が、バルゴンが通過するだけで、ものの数秒で凍結させたシーンも描かれた。自分の身に何かしらの危険が迫ると、その殺気を遠くからでも敏感に感じ取れるほどの優れた動物的本能や感覚を持つ。
引用元:大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%80%AA%E7%8D%A3%E6%B1%BA%E9%97%98_%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%83%A9%E5%AF%BE%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%B3

『ガメラ対大魔獣ジャイガー』(ガメラたいだいまじゅうジャイガー)は、1970年(昭和45年)3月21日に公開された日本の特撮映画作品。ガメラシリーズシリーズ第6作。大映東京撮影所製作。
カラー、大映スコープ、83分。同時上映は『透明剣士』。
>大阪城でのガメラとの再戦では、唾液固形ミサイルの戦法を学習したガメラによって空から攻められて劣勢になるが、隙を突いて、尾の輸卵管をガメラの首筋に突き刺し、ガメラを再びダウンさせてしまう。しかし人間達の活躍で復活したガメラの再リベンジによって、マグネチューム光線も輸卵菅も封じられ、戦法を出し尽くしたジャイガーは最早ガメラの敵では無く、最後は空飛ぶガメラに何度も飛びかかろうとしたものの届かず、ガメラによって投げつけられた悪魔の笛が額に刺さって死亡、死骸はガメラによってウエスター島に運ばれる。
本作の半切り・立て看用ポスターには、ガメラとジャイガーの死闘を強調し、「吸血戦法」や「空中回転投げ」など、ジャイガーの「必殺技」の図解が盛り込まれた。
引用元:ガメラ対大魔獣ジャイガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%83%A9%E5%AF%BE%E5%A4%A7%E9%AD%94%E7%8D%A3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC

アンギラス (Anguirus) は、東宝ゴジラ映画シリーズに登場する架空の怪獣。別名は「暴竜(暴龍)」。
>『ゴジラの逆襲』[編集]
初代アンギラス。アンキロサウルスが水爆実験の影響で目覚めたもの。非常に凶暴な性質で、他の生物には激しい憎悪を抱く。頭部をクルリと回す仕草で相手を威嚇する。
岩戸島でゴジラと戦った後、ゴジラを追って大阪に上陸。大阪城でゴジラと激闘を繰り広げた末、ゴジラにのどをかみ切られて重傷を負い、熱線で焼かれて死亡する。この際、「断末魔の叫びが超音波となり、大阪城に細かくヒビが入る」というカットが挿入されている。
引用元:アンギラス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A9%E3%82%B9

ゴモラは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』に登場する架空の怪獣。高い人気を獲得し、『ウルトラマン』以降も多くの「ウルトラシリーズ」の作品に登場している。別名「古代怪獣」。
デザインは成田亨。2脚怪獣の基本体型から前方に大きく彎曲した首、前の側に赤いのこぎりの歯のような形の線が複数ついた三日月型の巨大な角、太く長大な尻尾が特徴。頭は戦国時代の人物である黒田長政の兜をモチーフに[1]、口吻はトリケラトプスのような嘴状だが内側には牙もあり、鼻先に第3の角がある。胸から腹にかけて不定形の棘(とげ)とも鱗(うろこ)ともつかない突起に覆われている。それ以外の全身は分厚い皮のような質感で、全身が赤褐色。ひじとかかとに突起物が生えている。尾はトカゲのそれのように、切断されても一定時間は動くことができる。
名前は旧約聖書にて神に滅ぼされたゴモラという町からという説と、東宝怪獣のゴジラ、モスラ、ラドンの頭文字からとったという説がある[2]。
>『ウルトラマン』に登場するゴモラ[編集]
特撮テレビ番組『ウルトラマン』第26話「怪獣殿下(前篇)」、第27話「怪獣殿下(後篇)」に登場。
>その後、大阪市内に住みついたゴモラは科学特捜隊のマルス133とスパイダーショットによって尻尾を切断され、逃亡する(切断された尻尾はその後もしばらく動く)。まもなく大阪城付近に出現してこれを破壊し、再びウルトラマンと交戦するが、尻尾を失っていたため、初戦のような強さは発揮できず、科学特捜隊と自衛隊による援護攻撃の中、ウルトラマンに頭部の角を折られ、スペシウム光線でとどめを刺された。
「孤島で人畜無害であったところを、人間の都合で連れ出されて倒された」という悲惨な境遇には科学特捜隊が同情し、亡骸は剥製にして万博会場に飾るという提案がなされている。
第35話の怪獣供養では遺影として写真が飾られている。
引用元:ゴモラ (ウルトラ怪獣) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%A2%E3%83%A9_(%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E6%80%AA%E7%8D%A3)