TVアニメと製作会社 A-1 Pictures『黒執事』 サンライズ『男子高校生の日常』『ラブライブ!』『アクセル・ワールド』

006kVMcwVHFwt
次のTVアニメを製作会社ごとに
グループ分けしなさい

A-1 Picturesサンライズ
男子高校生の日常
ラブライブ!
黒執事
アクセル・ワールド

『男子高校生の日常』(だんしこうこうせいのにちじょう、Daily Lives of high school boys)は、山内泰延による日本のギャグ漫画作品、および同作を原作としたテレビアニメ、実写映画。
>原作としたテレビアニメ、実写映画。
「○×県立真田北高校」(男子校)に通う男子高校生たちの、日常の中の笑いを描くギャグ漫画。「くだらないけれどコミカル」「バカなドタバタ」と評されるような種類の笑いを描いており[3]、読者が自らの高校時代の日常を懐かしく振り返ったり共感したりできるような作風となっている[4]。公式配信サイト上では、部活シーンや恋愛といった劇的な展開すら起こらない、リアルな日常をテーマにした作品であることがアピールされている[5]。「サザエさん方式」を採用していることを公言しており、登場人物の年齢は固定されている。
>アニメーション制作 サンライズ
引用元: 男子高校生の日常 – Wikipedia.

『ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、雑誌『電撃G’s magazine』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)・ランティス・サンライズの合同ユーザー参加企画、および関連作品の名義。
>アニメーション制作 サンライズ
>東京都千代田区にある、ごくありふれた女子高校の「音ノ木坂学院」(おとのきざかがくいん)。地域の人々の想い出に育まれた歴史と伝統あるこの学院も時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していた。そんな中、9人の女生徒が立ち上がる。彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたのだ。今、少女たちと、まだ見ぬファンのみんなで叶える物語=スクールアイドルプロジェクトが始まった。

『黒執事』(くろしつじ)は、枢やなの漫画作品『黒執事』を原作とした日本のアニメ作品。
>アニメーション制作 A-1 Pictures
引用元: 黒執事 (アニメ) – Wikipedia.

『アクセル・ワールド』は、川原礫による日本のライトノベル。イラストはHIMAが担当。電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より、2009年2月から刊行されている。略称は「AW」。
>アニメーション制作 サンライズ
>2046年、ニューロリンカーというウェアラブルコンピュータを用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっても、未だ人が現実社会の軛から逃れられずにいる世界。
東京都杉並区にある私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄かつ肥満体型と内向的な性格から、幼少期の頃よりいじめや嘲りの対象となり、辛い日々を送っていた。いじめは中学に入学してからも収まらず、ハルユキはままならない現実を呪いながら学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなある日、ハルユキは副生徒会長を務め周囲から羨望の眼差しを受ける美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられる。
「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」
引用元: アクセル・ワールド – Wikipedia.

株式会社A-1 Pictures(エー・ワン・ピクチャーズ)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とするアニプレックス傘下の日本の企業。日本動画協会正会員。略称は「A1P」[1]。
引用元: A-1 Pictures – Wikipedia.

株式会社サンライズ(英: SUNRISE Inc.)は、アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作を主な事業内容とするバンダイナムコグループ傘下の日本の企業。日本動画協会正会員。
引用元: サンライズ (アニメ制作会社) – Wikipedia.