「ランチュウ」背びれがない金魚 泳ぐ宝石

035QyVIOxB
金魚の種類
背びれがない
「金魚の王様」「泳ぐ宝石」
数百万円の高値がつくことも
ランチュウ(答)
ワキン
アズマニシキ
リュウキン
49%

CIMG8567xkGmdKEhgmfq
『金魚屋古書店』『ぼくらの』
『鉄子の旅』などが連載された
小学館の漫画雑誌は
「月刊◯◯◯◯」?
GOKIR
WZNEA
IKKI(答)
「月刊IKKI」


金魚の種類
黒・赤・三色
英語ではテレスコープ・アイ
目が飛び出している
デメキン(答)

ランチュウ(蘭鋳、蘭虫、卵虫)は、キンギョの一品種。背びれがなくずんぐりとした魚体、頭部の肉瘤の隆起などが特色である。
>形態的な特徴としてまず背びれがない。他の鰭も大きく広がらない。尾びれは金魚の典型である3つ尾あるいは4つ尾、サクラ尾を標準とする。生まれたときは黒いが途中で赤くなり、成体は素赤か、更紗と呼ばれる紅白の模様の物が多い< 参考>。体は次第に厚みを持ち、特に頭部には肉瘤を発達させる。この肉瘤がライオンの頭部を彷彿とさせる為か、「ライオンヘッドゴールドフィッシュ(Lionhead goldfish)」の英名が付けられている。
引用元:ランチュウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A6

ワキン(和金)はキンギョの一品種。フナに似ている流線型の魚体が特色である。
>ワキンは金魚の原点といえる品種で、日本に最初に渡来した品種。「ヒブナ」が変異し、そのまま固定された品種のため、とても丈夫で20cm以上になる個体もあり、大きくなる金魚である。ゴルフ場の池の清掃の際発見された50cm超の個体が雑誌『太陽』で紹介されたこともある。[要出典]入手が容易で、多くのペットショップや観賞魚店、金魚すくいで見る機会が多い。また飼育の簡単さと値段の安さから他の大型魚や肉食ペットの生き餌としても用いられる。
引用元:ワキン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AD%E3%83%B3

アズマニシキ(東錦)は、キンギョの一品種である。独特のモザイク模様をもつ。
>体型はオランダシシガシラ、体色はキャリコデメキンと同じで、交配した品種のそれぞれの特徴をしっかりと受け継いだ品種である。つまり、頭部に肉瘤が発達し、尾ビレは長く伸長、体色は赤と浅葱色を基調にして黒が程よく配色され、鱗はモザイク透明鱗という特徴である。頭部に赤がしっかりのっている個体が評価が高い。
上記2種の金魚を交配して誕生した事から、「キャリコオランダ(Calico Oranda)」の英名が付けられている。
引用元:アズマニシキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AD

リュウキン(琉金)は、キンギョの一品種。丸みの強い腹部をもったずんぐりとした体形と、優雅に伸長する尾ビレや各ヒレが特色である。
>寸詰まりで体高のある丸い体、各ヒレが伸長し、特に尾ビレは長く発達する。体色には赤一色のもののほか、サラサ、白がある。赤・青・紫・黄・白などが交じるものは、「キャリコ」として扱われる。尾のタイプも三つ尾、四つ尾がある。泳ぎが比較的ゆっくりとしており、ワキン同様ポピュラーで、人気の高い種類である。また、尾鰭が扇の様な形状から、「ファンテイルゴールドフィッシュ(Fantail goldfish)」の英名が付けられている。
引用元:リュウキン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%B3