「シモーヌ(マリーの妹)」「ロベール」『ラ・セーヌの星』伊勢丹一社提供

030awRbtCe
031SdQYFgp
アニメ『ラ・セーヌの星』で
女剣士「ラ・セーヌの星」になる
花売り娘はシモーヌですが

ラ・セーヌとともに
戦う「黒いチューリップ」の
正体である貴族は?
ネヌマレモ
ベーシロル
ロベール(答)
28%

CIMG7964loqy2Wme8gIe
アニメ『ラ・セーヌの星』の
主人公シモーヌは
マリー・アントワネットの
娘である
✕(答)
◯妹

CIMG4989eboBBnZEIKkq
1975年放送のTVアニメ
『ラ・セーヌの星』を
一社提供していたデパートは?
大丸
西武百貨店
松坂屋
伊勢丹(答)

『ラ・セーヌの星』(ラ・セーヌのほし)は、1975年4月4日から同年12月26日までフジテレビ系列で放送されたテレビアニメ。制作はフジテレビ/ユニマックス/創映社(現・サンライズ)。全39話。
>1789年に勃発したフランス革命の頃のパリを舞台とし、美少女剣士の活躍を描く。主人公はシテ島で花屋の娘として育った美しい少女シモーヌで、変装して「ラ・セーヌの星」を名乗り戦う。シモーヌはオーストリア女帝マリア・テレジアの夫フランツ1世とオペラ座の歌姫を両親に持ち、ルイ16世の王妃マリー・アントワネットの異母妹であるという設定である。
>基本的に全てフィクションであるが、モーツァルトやモンゴルフィエ兄弟、オルレアン公とその私邸パレ・ロワイヤル、ナポレオンなど実在の人物・建物が登場すること、革命前夜から「バスティーユ牢獄(以下、作中の表現に従いバスチーユと表記)の襲撃」「国王・王妃の処刑」に至るまでの情勢の流れや、数々の史実・歴史的事件を物語の基盤としており、放送当時話題を呼んだ。「ラ・セーヌ」は“La Seine”でセーヌ川のことである。
>シモーヌ・ロラン
声 – 二木てるみ
本作の主人公。物語開始当時は15歳。仮面の剣士「ラ・セーヌの星」。
オーストリア女帝マリア・テレジアの夫ロートリンゲン公フランツ1世とオペラ座の歌姫との間に生を受けた。そのため、母親は違えどマリー・アントワネットの妹なのだが、それを知らされずにド・フォルジュ公爵に託された花屋のロラン夫妻の娘としてシテ島で育った。変装して「ラ・セーヌの星」と名乗って剣をふるい、横暴な貴族と戦う。次第にロベールを愛するようになり、彼が「黒いチューリップ」」だと知った時、その胸に飛び込み2人は相思相愛の恋人になる。
>ロベール・ド・フォルジュ
声 – 広川太一郎
ド・フォルジュ公爵の息子。義賊「黒いチューリップ」。
当初はシモーヌに好意を抱いていだけだったが、第7話「シモーヌの秘密」で義妹となったシモーヌの出自を知り、彼女を利用しようとしたカウニッツに殺された父の分まで守ることを決意した。実は「ラセーヌの星」誕生以前から「黒いチューリップ」として弱者の味方として戦っており、「ラ・セーヌの星」を援護する。
>本作はフジテレビでは伊勢丹の一社提供番組であり、同局の本放送ではオープニングの途中に伊勢丹のロゴが表示された[9]。
引用元:ラ・セーヌの星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%81%AE%E6%98%9F

『機動戦士ガンダム』、『伝説巨神イデオン』など、数多くの作品を手がけてきたアニメ界の巨匠、富野由悠季監督が、シリーズ・ディレクターとしてのキャリアの初期に手がけたテレビアニメ『ラ・セーヌの星』のDVD-BOXが、10月24日にメディアファクトリーより発売される。1975年に放送された作品だが、全話がソフト化されるのは、日本国内では今回が初めてとなる。

『ラ・セーヌの星』は、フランス革命を背景に描かれる大河ドラマである。主人公である花売りの少女シモーヌは、ルイ16世の悪政に苦しむ民衆を救うため、赤いマスクで正体を隠し、白馬の剣士「ラ・セーヌの星」として、腐敗した貴族社会に闘いを挑む。
マリー・アントワネット妃や皇帝ナポレオンなど実在の人物も登場する。革命前夜から、バスティーユ牢獄の襲撃と民衆の蜂起、共和制の打倒と国王の処刑にいたるまでの史実を織り込んだストーリーになっている。
引用元:富野由悠季監督の初期監督作品「ラ・セーヌの星」が初DVD化 | アニメ!アニメ! http://animeanime.jp/article/2012/07/18/10836.html