機界四天王「ピッツァ」「プリマーダ」「ペンチノン」「ポロネズ」

036yjFFhCO
アニメ『勇者王ガオガイガー』に
登場する、機界四天王を
1人答えなさい
ピッツァ(答)
プリマーダ(答)
ペンチノン(答)
ポロネズ(答)
37%

207ProJfDj
次のうち、アニメ会社
サンライズが制作した
ロボットアニメを1つ選びなさい
勇者王ガオガイガー(答)
六神合体ゴッドマーズ 「東京ムービー新社」
ゲッターロボ 「東映動画」
機動戦士ガンダム(答)
超時空要塞マクロス 「タツノコプロ」
新世紀エヴァンゲリオン 「ガイナックス」
交響詩篇エウレカセブン 「ボンズ」
魔神英雄伝ワタル(答)
引用元:サンライズのアニメ『勇者王ガオガイガー』『機動戦士ガンダム』『魔神英雄伝ワタル』『無敵超人ザンボット3』 http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/21709/

『勇者王ガオガイガー』(ゆうしゃおうガオガイガー、The King of Braves GaoGaiGar)は、1997年(平成9年)2月1日から1998年(平成10年)1月31日まで名古屋テレビ・テレビ朝日系列で土曜 17:00 – 17:30[1]に全49話が放送された、名古屋テレビ・サンライズ制作のSFロボットアニメ作品であり、『勇者シリーズ』の第8作。名古屋テレビを制作局として『無敵超人ザンボット3』(1977年)から続いて土曜17時台に放送された最後のサンライズ制作によるロボットアニメであり、関連作を除いてはシリーズ最初で最後のステレオ放送でもある。
引用元:勇者王ガオガイガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%87%E8%80%85%E7%8E%8B%E3%82%AC%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC

機界四天王[編集]
ピッツァ
声 – 真殿光昭
パスダーの配下であるゾンダリアン機界四天王の一員。空をこよなく愛し、空戦タイプのゾンダーを生み出す傾向がある。戦士としての誇りを持ち、戦略家としての一面も持つ。ガイをライバル視する。赤の星が機界昇華され、自身も記憶を失い、流浪の旅を続けた末、戦士として生きて死にたい一心から、ペンチノンの誘いを受けゾンダリアンになった。このため、四天王ではゾンダリアン歴が最も短い。「遠い昔の記憶」という意識に時折悩まされるが、何故その記憶で苦悩するのか思い出せずにいる。最終決戦ではHSTと融合しEI-26へと変化。東京Zプラント化をサポートするが、敗北後はガイとの決着を付けるべくパスダーに離反。体当たりを決行したのち、火の鳥の姿で死を待ちながら空を漂っていたところ、戒道により真の姿であるソルダートJとして復活する。
プリマーダ
声 – 紗ゆり
機界四天王の紅一点。自ら「愛の踊り子」を名乗り、踊るように動いている。内燃機関のゾンダーを生み出す。GGGのロボットをブサイクと捉える一方こわばったロボットに対しては美しいと言い放ち、ゾンダーロボに名前をつけたりと周囲とは異なった美的感覚を持つ。東京決戦時、首都高速道路や自動車群と融合EI-29へと変化。ポロネズとともに計画を推し進めるも敗北。行動不能になった超竜神へ襲いかかるも、剥き出しとなったGSライドの波動を受けて消滅。ゾンダリアン化前はポロネズの妻で、彼と2人でいることが多い。また、消滅する際に「あなた……」と言い残す。登場回数は四天王中最も少ない。ソルダートJと腕原種の回想では彼女と同型のゾンダリアンが多数登場している。
ペンチノン
声 – 柏倉つとむ
機界四天王の1人。船の汽笛のような笑い方が特徴で、主に水上・水中戦タイプのゾンダーを生み出す。他の四天王に比べ、本来の姿(一つ目玉と歯車の軸のような一対の腕、錨のような一対の腕の計四本の腕を持った船)と人型(セーラー服姿の不気味な顔にマスクをした船乗りの姿で、常に何かに座っている)との変化が著しい。ゾンダリアンとしての歴が浅く、かつピッツァを自分たちの元へと誘ったらしく「遠い記憶」に悩むピッツァに対して指導する態度を取る。東京メタルプラント化の際には海自のはるな型護衛艦と融合EI-27へと変化。幾度と無く自分の邪魔をしてきたボルフォッグとの激戦の末に敗れる。正体は赤の星で生み出されたジェイアーク級戦艦の生体コンピューターの変化体で、今度は自分がピッツァことソルダートJと戒道に救われ本来の任務に復帰する。
ポロネズ
声 – 塩屋浩三
機界四天王の1人。常に丁寧な口調で話し、汽笛の音がするパイプを吹かせる。主に機関車や新幹線などから鉄道車両のゾンダーを生み出す傾向がある。芋虫頭にカブトムシのような角(人型の時は髭面)の付いた駅長の姿をしている。東京をメタルプラント化する時は山手線と融合EI-28へと変化。超竜神との決戦に臨むが敗北し、最後は護の浄解に感謝しつつも自分が戻れない[26]ことを明かして消滅の運命を受け入れた。ゾンダリアン化前はプリマーダの夫であったと同時に紫の星の科学者であったらしい。
引用元:勇者王ガオガイガーシリーズの登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%87%E8%80%85%E7%8E%8B%E3%82%AC%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9