「ギンコ」漆原友紀(ゆき)『蟲師』の主人公

034tFxMRGb
漆原友紀の漫画『蟲師』で
蟲師である主人公の名前は
◯◯◯? ◯を答えなさい
ギンコ(答)
55%

『蟲師』(むしし)は、漆原友紀による日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメ、実写映画、ゲーム作品である。
>「蟲師」を生業とする主人公「ギンコ」が、様々な「蟲」によって引き起こされる事象に対峙していく物語。
1999年に講談社『月刊アフタヌーン』の増刊号『アフタヌーンシーズン増刊』にて連載開始。同誌の休刊後は『月刊アフタヌーン』本誌に移り2003年から2008年まで隔月連載された。その後、2013年に特別篇「日蝕む翳(ひはむかげ)」が同誌2014年1月号と2月号に前後篇で連載された。大半のエピソードにカラー画稿が存在しているのも特徴。
時代背景は作者曰く「鎖国を続けた日本」もしくは「江戸期と明治期の間にある架空の時代」で、登場人物は(主人公のギンコを除いて)和装をしており、風景も日本の原風景を思い起こさせるようなノスタルジックなものとなっている。また、物語の語り方として必ず人物の回想を用いる点も特徴的であり、ギンコが行動する時間や行動範囲に収まらず、伝聞による時間・世界も描かれている。
引用元:蟲師 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9F%B2%E5%B8%AB

xMQHTWG
蟲師 愛蔵版(10)<完>
ムシシアイゾウバン
著:漆原友紀
動物でも植物でもない、生命の原生体──”蟲”。時にそれはヒトに妖しき影響を及ぼし、人智を超えた現象をも呼ぶ。それらを調査し、それぞれがあるべき様を示す”蟲師”ギンコの果て無き旅路。完結巻となる第10巻は「光の緒」「常の樹」「香る闇」、そして前編・後編からなる最終話「鈴の雫」を収録。TVアニメ新シリーズ「蟲師 続章」にて制作されるエピソードを、迫力の大判サイズで!
引用元:『蟲師 愛蔵版(10)<完>』(漆原友紀):KCデラックス|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063770322